BMW M5の最強モデル?新型「CS」は2021年1月発表予定

BMWは新年を前に、「コンペティション」シリーズの最新版である『M5 CS』のティザー画像を公開しました。スポーツセダンのM5をベースに、パワートレインの強化と軽量化を図り、より高いパフォーマンスを発揮するモデルへと進化させています。

完全なお披露目は2021年1月ですが、BMW M部門はInstagramでティザー画像と共に仕様の一部を公表。パワーアップと軽量化、細かいデザインの変更などを経て、標準のM5とは異なる特別なモデルへと仕上がっているようです。

BMW『M5 CS』のティザー画像

M5 CSの4.4L V8ツインターボは635馬力を発揮するようチューニングされ、『M5コンペティション』から18馬力アップしたことになります。トルクは変わらず、750Nmとエネルギッシュ。

カーボンパーツを惜しみなく使用し、車重はM5と比較して70kgの減量に成功しています。印象的なゴールドのホイールと、赤いキャリパーを備えたカーボン・セラミック・ブレーキを採用。また、フロントグリルとサイドのバッジにもゴールドのトリムが施されます。

グリルといえば、最近物議を醸している他のモデルとは異なり、M5 CSはやや控えめなデザインを採用しているように見えます。新型『4シリーズ』がその巨大なノーズで賛否両論を巻き起こしているのに対し、2021年モデルのM5 CSはシェイプアップされたフロントマスクを採用。

かなり保守的な印象を受けますが、ヘッドランプはモータースポーツ風のイエローのものが装備されています。

BMW『M5 CS』のティザー画像

室内では、『M3』と『M4』から応用したカーボン製のバケットシートと、通常のハイテクキャビンが採用されています。4人乗りの設定になっており、ステアリングホイールにはドライブモードを選択できるショートカットキーを装備。迅速にパンチの効いた設定に変更できるようになっています。

M5の全輪駆動システムには、あまり手は加えられていないと思われます。トランスミッションは通常であれば8速ATが搭載されます。

BMWによると、M5 CSはこれまでで最もパワフルなM5になるとのこと。強力なパワートレインがそれを実現してくれるはずで、価格もそれに見合った設定になるでしょう。

詳細は1月に発表される予定で、米国では2021年後半に発売されると予想されています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント