敬意を込めた最終限定モデル アルファロメオ4Cスパイダー

アルファロメオ『4Cスパイダー』の限定モデル、「33ストラダーレ・トリビュート」が登場しました。1967年のF1イタリアGPでデビューしたレーシングカー『33ストラダーレ』へのオマージュを込めたモデルです。

アルファロメオ『4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュート』

「2014年の登場以来、4Cはアルファロメオの主力車種として世界中のファンを魅了し、北米でのブランド再興の先頭に立ってきました」とアルファロメオのグローバルヘッド、ティム・クニキス氏は述べています。

4Cスパイダー33 ストラダーレ・トリビュート」は、イタリアのモデナで職人の手作業により作られていきます。カーボンファイバー製モノコックシャシーは特別なレッドのカラーリングが施されているほか、数々の記念プレートやバッジを装着しています。

アルファロメオ『4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュート』

「来年生産を開始する次期クロスオーバーPHEV『トナーレ』をはじめ、アルファロメオを象徴する次世代モデルへの聖火を引き継ぐ、アルファロメオ・クラシックです」(ティム・クニキス氏)

フロント18インチ、リア19インチのグレーゴールドのアロイホイールを装着。室内には、上質なブラックのダイナミカ・スエードとタバコ・レザーのスポーツシートが標準装備されています。また、アルファロメオのデザインセンター「チェントロ・スティーレ」による番号入りヒストリーブックも付属。

バイキセノンヘッドライト、アクラポヴィッチ・デュアルモード・センターマウントエグゾーストキット、レーシングサスペンション、カーボンファイバー製リアウイングを装備。また、サイドミラーにはイタリア国旗のミラーキャップを採用し、ピアノブラックのフロントエアインテークとリアディフューザーも用意されています。

搭載されているエンジンは、可変バルブタイミング、デュアルインタークーラーを備えたミッドマウントのオールアルミ製1.75L 4気筒ターボ。最高出力237馬力、350Nmのトルクを発生し、6速DCTを介して後輪にパワーを伝達します。

アルファロメオ『4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュート』

4Cスパイダーの重量は2,500ポンド(1,134kg)を切っており、クラス最高のパワーウェイトレシオ4.78kg/hpを実現しています。0-97km/h加速は4.1秒、最高速度は257km/hに達します。

2021年モデルのアルファロメオ4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュートは、北米向けの4Cの最終モデルで、33台の限定生産となります。価格は79,995ドル(835万円)から。

林 汰久也

愛知県在住28歳♂/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。その後退職し、2020年よりフリーの自動車ライターとして活動中/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント