ブガッティの最新レーシングマシン? タイプ35 Dが現代に復活

伝説的なブガッティのレーシングカー、『タイプ35』のワンオフモデルが登場しました。オリジナルモデルよりも車高が低く、スタイリングも曲線的で、さらに軽量化を実現。アウディ『AI:ME』などを手がけたデザイン会社Uedelhoven Studiosが製作しました。

Uedelhoven Studios『ブガッティ タイプ35 D』

ドイツを拠点とするUedelhoven Studiosは、ヒュンダイ『プロフェシー』のような個性的なコンセプトカーを生み出してきた会社です。同社がタイプ35 Dの開発に着手したのは2015年のこと。

タイプ35 Dは、以前に発売された子供向けの「ベイビーII」とは異なり、サイズは実物大。ブガッティの伝統的な馬蹄形グリルや細身のボディライン、ライトブルーの塗装など、オリジナルのデザインを再現しました。

また、オリジナルと同様にヘッドライトがなく、露出したホイールやサスペンションは1930年代のヴィンテージカーを彷彿とさせます。リアディフューザーを新たに採用し、トラクションと高速走行時のハンドリングを向上させています。

インテリアは豪華な仕上がりとなっています。高級牛革、ウッド、カーボンファイバーを使用し、センターコンソールは『シロン』のようなデザインに。ドライバー正面には、丸いダイヤルとデジタルインジケーターを備えたヴィンテージ風のメーターを搭載。

Uedelhoven Studios『ブガッティ タイプ35 D』

パワートレインについては明らかにされていません。初代ブガッティ タイプ35は、『タイプ29』の3バルブ2.0L 直列8気筒エンジンを継承。オーバーヘッドカムシャフトと特製のボールベアリングシステムを採用した直8エンジンは、6,000rpmまで回転させることができ、最高出力90馬力を発生させます。1920年代後半でこのパフォーマンスはとてつもないものでした。

エットーレ・ブガッティは強制吸気を好まなかったようですが、タイプ35 Cではゼニス製シングルキャブレターとルーツ製スーパーチャージャーを搭載し、出力を128馬力にまで高めました。1925年にはタイプ35が過酷なタルガ・フローリオ耐久レースで優勝。1926年、1927年、1928年にはタイプ35 Tが優勝しています。

Uedelhoven Studios『ブガッティ タイプ35 D』

Uedelhoven Studiosのタイプ35 Dが量産されるかどうかは未定で、レースに使用される可能性についても明らかにされていません。しかし、1台限りのショーカーとしては、久しぶりに見るブガッティの中でも最も魅力的な1台と言えるでしょう。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント