ボーイング737MAXの商用運航が約2年ぶりに再開

ボーイングの事業の目玉であるはずだったことが、2018年と2019年に起きた2度の致命的な墜落事故で悪夢に変わり、FAA(アメリカ連邦航空局)やボーイング737MAXは、論争の中に落とされました。同社の全機体はほぼ2年間世界中を飛び回っていましたが、737MAXもテスト飛行の末、2019年以来の商用飛行として空に戻りました。

ブラジルのゴル航空が初の商用運航再開

事故の原因は、同社が737MAX専用に開発したソフトウェア、失速防止システム (MCAS) にあると考えられています。今となっては歴史の出来事に感じる方もいるかもしれませんが、些細な誤作動から生じる危険性を思い知らされました。

ボーイング社としては、一刻も早く飛行機を再飛行させるために、機体のソフトウェアとハードウェアの両方のエラーに対処する努力をしてきました。当然のことながら、航空会社もまた、機体に投資し損失を被っているため、自社の運航再開に熱心です。2020年12月9日、そのリスクを最初に取ったのは、サンパウロからポルトアレグレに一握りの乗客を飛ばしたブラジル最大の航空会社ゴルでした。

他数社も運航再開の準備中

アメリカン航空とサウスウエスト航空の両社も、737MAXの数カ月以内の運航再開の準備を進めていることから、今後のフライトはゴル航空だけにとどまらないでしょう。しかし、顧客との関係については、慎重に扱わなければなりません。ゴル航空は、乗客が737MAXに乗りたくなければチケットを交換できるようにしていると伝えられていますが、この最初の便に乗った人の中には、自分が737MAXに乗っていることを知らなかった人もいると伝えられています。

737MAXの運航再開が遅れているのは、パイロットが飛行機を操縦するのに新しい訓練が必要だったことが一因です。飛行にあたって厳しい精査を受けてはいますが、今後乗客の恐怖や不安を納得させることはできるのでしょうか。

コメント