ジャガーEタイプ60周年記念モデル 最新Fタイプに設定

ジャガーのアイコン的存在である『Eタイプ』の誕生60年を記念して、超限定モデルの『Fタイプ ヘリテージ60エディション』が登場します。FタイプRをベースにしたこの記念モデルは、オリジナルを再現したカラーリングを採用しています。

ジャガー『Fタイプ ヘリテージ60エディション』

1960年代にEタイプに設定されていた「シャーウッドグリーン」は、それ以降のジャガー車には設定されていません。メタリックやパールではなく、ソリッドな色合いが特徴的です。

Fタイプ ヘリテージ60エディションでは、この特別なグリーンのみが用意されます。内装は、キャラウェイとエボニーウィンザーのツートンを採用。ダッシュボードには、Eタイプのバックミラーケースにインスパイアされたアルミ製コンソールフィニッシャーが施されます。

パフォーマンスシートには、60周年記念ロゴがエンボス加工されます。そのほかにも、専用トレッドプレート、SVビスポークのコミッショニングプレート、キャラウェイエッジのカーペットマットが用意されます。

搭載されているエンジンはV8スーパーチャージャーで、最高出力575馬力を発揮し、時速0-97km/h加速は3.5秒。最高速度は300km/hに達します。

クーペとコンバーチブルが用意され、それぞれ20インチ鍛造アロイホイール、グロスブラックとクロームのエクステリアアクセント、ブラックのブレーキキャリパーを装着。駆動方式はAWDとなります。

ジャガー『Fタイプ ヘリテージ60エディション』

Fタイプの記念モデルとは別に、ジャガーのクラシック部門からも「Eタイプ60コレクション」として、3.8Lの「Eタイプ9600JP」と「77RW」を6台のみ限定で復刻生産します。

価格は発表されていませんが、ベースとなるFタイプRクーペの130,200ドル(1,355万円)を大きく超えると予想されます。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント