MT設定が羨ましい?海外でも話題に 新型ホンダ「N-ONE」発売

ホンダは11月20日、新型「N-ONE」を発売しました。海外のニュースサイトでも広く取り上げられ、話題になっています。2代目となるN-ONEは、ホンダ車の原点である「N360」の設計思想を継承しつつ、走る楽しさや安全性を高めている点が特徴です。

新型ホンダ「N-ONE」

2012年にハイトワゴンの「N-BOX」とともに登場したN-ONEは、その個性的なたたずまいが人気を博し、8年にわたって販売が続けられました。生まれ変わった新型では、先代モデルの「円、四角、台形」のデザインを踏襲し、安全装備や運転支援システムを多く装備しています。

安全面では、オートハイビーム、衝突軽減ブレーキ、誤発進防止機能、交通標識認識機能、道路逸脱軽減機能、車線維持支援機能などを含む先進運転支援システムのホンダセンシングを標準装備。

また、マニュアル車には、軽自動車では初めてアダプティブ・クルーズ・コントロールと車線維持支援を搭載しています。後席に荷物やペット、子供が残されているとドライバーに注意を促すリアシートリマインダー機能も備えています。

新型ホンダ「N-ONE」

日本独自の軽自動車規格に合わせた、全長3,395mm、全幅1,475mmのコンパクトなボディサイズ。電気自動車の「ホンダe」にも似たシンプルなボディラインと丸いヘッドライトなど、おなじみのスタイリングを採用しています。変更点は少ないのですが、フロントのエアインテークの大型化、LEDヘッドライトの採用、リアバンパーの黒のラインなど、ふんばり感や力強さを感じさせる仕上がりとなっています。

一方、インテリアは朝露のように爽やかで新しさに満ちています。インフォテインメント・スクリーンの大型化、新デザインのメーター類、新しいステアリング・ホイールを採用。運転の楽しさと快適性の向上を目指すとともに、USBポートや収納ポケットを多数備え、利便性を高めています。

新型ホンダ「N-ONE」

グレードは「オリジナル」、「プレミアム」、「プレミアム・ツアラー」、「RS」の4種類を展開。搭載するパワトレインは、オリジナルとプレミアムで660cc 3気筒自然吸気エンジン(58馬力)とCVT。プレミアム・ツアラーでは660cc 3気筒ターボエンジン(64馬力)とCVTの組み合わせ。

RSには、660cc 3気筒ターボエンジン(64馬力)に6速MTを選択することができます。全輪駆動もオプションで設定されています。

今の時代には珍しいマニュアル・トランスミッションの設定や、コンパクトながら使い勝手のいい室内空間、燃費や税制優遇といった経済性から海外では羨む声も上がっています。残念ながら、ホンダの最新型N-ONEは、日本でのみ販売されます。価格は1,599,400円~2,022,900円。日々の生活を彩る個性的な軽自動車です。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント