目の不自由な方の一人でのランニングをGoogleがスマホを使ってサポート

​トーマス・パネックさんは視力を持って生まれましたが、遺伝により視力が衰え始め、若い頃に法的に盲目であると宣言されました。​彼は熱心なランナーで、人間のガイドと一緒に走ったり、しばしば盲導犬と一緒に走ります。​パネックさんは、その走り方も楽しみましたが、独立して走りたいと語りました。

簡単な会話をしたその日にデモが作成される

2019年の秋、彼はGoogleのハッカソン(ソフトウェア関連プロジェクトのイベント)でデザイナーとエンジニアのグループに、目の不自由なランナーを独立して誘導することは可能かと尋ねました。​パネックさんによると、会話を期待していただけでしたが、その日の終わりには、盲導犬のブレイズくんと一緒に歩いている時に、地面にテープで記されたラインをスマートフォンが認識し、音声で合図できる大まかなデモが作成されました。

開発チームは、この大まかなデモをさらに何かに変えることができるかどうかを見てみたいと考えました。このコンセプトは、骨伝導ヘッドフォンと一緒にウエストバンドにスマートフォンを装着します。​そして、電話機内部のカメラが、地面にある物理的な指針を探し、その位置に応じて音声信号を送信します。

屋内でのテスト後、屋外でも期待通りに機能

システムは、彼がラインの左側に移動した際、オーディオトーンを作成します。その場合、彼の左耳で音が大きくなります。もし彼が右に移動した場合、音は彼の右耳でより大きくなります。​数ヶ月のテストの後、パネックさんとチームは屋内の楕円形トラックでテストする準備ができました。​彼はいくつかの調整の後、ソロでトラックを8周走ることができたと話しています。また、​近くにGoogleのチームメートはいましたが、この長い距離を数十年ぶりにガイドなしで走ったと話しました。

​次のステップは、彼の好きなランニングロケーションである公園の屋外でこの技術が使えるかを確かめることです。​公園でのランニングでは、天候や照明条件の変化、モデルをトレーニングするための新しいデータの必要性など、多くの課題があります。​チームは、さまざまな環境でガイドラインを検出できるデバイス上の機械学習モデルの開発に数ヶ月費やしました。​システムは期待通りに機能し、ガイドなしに走ることができました。​今後はニューヨーク市のセントラルパークに臨時に描かれたラインを利用して、NYRR Virtual Run for Thanks 5Kで走ることを計画しています。

コメント