トヨタ「GRスープラ」が1,000馬力超のドリフトマシンに!SEMA360で公開

トヨタは、11月2日から北米で開催されているバーチャルイベント「SEMA(セマ)360」で、カスタムメイドの「スープラ」と「タコマ」を発表しました。SEMA360は全米最大規模の自動車用アフターマーケットの展示会。注目は、4代目のA80スープラにオマージュを捧げた特別なヘリテージ・エディションです。

トヨタのマーケティング部門のエド・ロークス氏は、オンラインで開催されたSEMA360について次のように語っています。

「SEMAがバーチャルで開催すると決まったとき、わたし達はその一部になりたいと思っていました。なぜなら、トヨタで何かに取り組むときは、何があってもやり遂げるからです。今年も例外ではありません」

トヨタは、取り外し可能なスポーツ・トップルーフ(エアロトップ)を備えたワンオフのヘリテージ・エディションを製作しました。公開された動画を見る限りでは、専用のヘッドライト/テールライト、派手なボディパーツ、大型のリアスポイラーなど、ヘリテージモデルらしいディテールが施されているようです。

このワンオフのスープラが量産されるかどうかは明らかにされていません。トヨタは今年のSEMA360で計3台のカスタム・スープラを発表しており、そのうちの2台は圧倒的なパワーを誇るドリフトマシンです。

GReddyパフォーマンス・フォーミュラD GRスープラ

「GReddyパフォーマンス・フォーミュラD GRスープラ」は、3.0Lモデルをベースに、ケン・グシ・モータースポーツとGReddyパフォーマンスが2020年のフォーミュラ・ドリフト・プロクラスに参戦するためにカスタムビルドしたものです。そのため、エンジンには大型ターボチャージャーと6速AT(カスタム)を搭載。また、専用のレーシング・エグゾーストを装着し、標準モデルとは異なるサウンドを実現しています。

パパダキス・レーシング・ロックスター・エナジードリンク・トヨタGRスープラ

次に、パパダキス・レーシングが製作した「パパダキス・レーシング・ロックスター・エナジードリンク・トヨタGRスープラ」は、1,033馬力と1,231Nmのトルクを発揮する3.0Lエンジンを搭載。2020年のフォーミュラ・ドリフト・プロ・クラスで波乱を起こすことは間違いありません。

オーナメンタル・コニファーGRスープラ

最後にご紹介するのは、英国の著名なアーティスト、ニコライ・スクレイターによる特別アートが施された「オーナメンタル・コニファーGRスープラ」です。3.0Lモデルをタービュランスグレーで塗装し、手描きのスローガンやグラフィックを施しています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント