日産、新型「アルティマ」を北米で発売 2.0L VCターボ搭載

日産は、北米で展開するセダン「アルティマ」の2021年モデルを発売しました。前輪駆動のエントリーモデル「S」は24,300ドル(257万円)から。安全装備と力強いエンジンを搭載し、ベストセラーセダンとして商品力を高めています。

2021年モデル 日産「アルティマ」

スポーティなスタイリングの「SR」グレードは、2.5Lエンジン搭載車で26,200ドル(277万円)から。SRには2.0L VCターボエンジンを搭載したモデルもあり、こちらは30,650ドル(324万円)からとなっています。最上級グレードの「プラチナ」は34,100ドル(361万円)。

全グレードに安全装備Nissan Safety Shield 360が設定されています。一部のモデルでは、日産プロパイロットアシスト、Apple CarPlay、Android Autoが利用可能です。また、「S」グレードにはドライバーアシストパッケージも用意されています。

2021年モデルではグレード展開が変更され、SRをSVの上に配置。SVには、ムーンルーフ、前席シートヒーター、インテリジェント・レーン・インターベンションを備えたプレミアムパッケージがオプションで用意されます。パワートレインは、2.5L 4気筒直噴エンジンを全グレードに標準装備。188馬力、244Nmのトルクを発生します。

2021年モデル 日産「アルティマ」

2.0L VCターボは、可変圧縮技術を採用し、236馬力、362Nmのトルクを発生します。このエンジンは、前輪駆動のSRのみに搭載されます。日産によると、4気筒ならではの低燃費を維持しながら、V6と同等の性能を発揮するとのこと。

AWD車に採用されるインテリジェント4×4システムは、道路や走行状況に応じて前後のトルク配分を0:100から50:50まで自動的に調整します。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント