BMW 850CSi(E31) 超希少カラーの個体がオークション出品

90年代半ば、究極のBMWのひとつが「850CSi」でした。その時代にしては非常に見栄えの良いクルマで、大きなV12エンジンを搭載していました。画像の車両は、走行距離が約6万4,000kmという非常に珍しい個体で、現在オークションに出品されています。

BMW 850CSi

クラシックなV12エンジンを搭載したBMWで、これほどクリーンな状態で走行距離が少ないのは、それだけでも十分に希少価値があります。このクルマが他と違うのは、6速MTを搭載していることと、デイトナバイオレット(Daytona Violet)と呼ばれる美しい紫の外装色に塗装されていることです。

写真の車両は、この色で生産されたアメリカで唯一の850CSiであるとのこと。また、デイトナバイオレットにロータスホワイトを組み合わせた特注のインテリアも特徴的です。この色の組み合わせは、「E31」では世界で唯一だといいます。

BMW 850CSi

MシステムIIの17インチホイールを履き、内装パネルにはユーウッドを採用。E31は90年代のBMWのフラッグシップモデルで、5.6L V型12気筒エンジンから最高出力372馬力、最大トルク545Nmを発生します。当時としては驚異的なパフォーマンスでした。

また、マクラーレンのアイコン的存在である「F1」で使用されたことも、このエンジンの特徴です。その他、純正携帯電話、オンボードコンピューター、6枚組CDチェンジャー、シートヒーター&パワーアジャストフロントシート、LSD、スピード可変ステアリングなどの装備も充実しています。

BMW 850CSi

この希少なクルマの入札は、執筆時点で64,000ドル(約670万円)までとなっています。これ以上に希少なクルマはないので、希少なBMWのファンは、この1台に注目してはいかがでしょうか。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント