生産が追い付かない?フォード「ブロンコ」予約受注15万台突破

先月デビューしたばかりのフォードの新型SUV「ブロンコ」が、早くも15万台以上の予約を受注しました。同社のコミュニケーション担当副社長マーク・トルビー氏がSlashGearに明かしました。現在、生産体制の確保を急いでいるようです。

1960年代に登場した初代ブロンコは、クロスカントリー車(クロカン)を代表するクルマとして知られています。復活を遂げたブロンコの予約受付は7月初めに開始されました。

フォード「ブロンコ(2ドア仕様)」 右がオリジナル

新型ブロンコは単一のモデルではなく、複数のボディスタイルが設定されています。メインは本格的なオフローダーの「ブロンコ」で、ほかに比較的小型の都市型SUV「ブロンコスポーツ」もあります。

オフローダーのブロンコには、2ドアと4ドアのボディスタイル、2種類のドライブトレインに加えて、200種類以上のカスタマイズやオプションが用意されています。

フォード「ブロンコスポーツ」

実際の注文は2020年後半まで開始されませんが、予約システムを立ち上げたところ、フォードの予想を上回る行列ができたのです。

現在、フォードは予約につき100ドル(1万円)の預かり金を取っていますが、購入者が心変わりをした場合は全額返金されます。実際に販売が完了するのは、今年の後半になってからです。

フォード「ブロンコ(4ドア仕様)」

フォードは、できる限り予約を販売台数に結びつけるため、増産が可能かどうかを検討しており、「生産量を増やすためのあらゆる分野を模索している」とのこと。ミシガン州のアッセンブリー工場でのサードシフトも検討中だとか。生産は来年早々に開始予定です。

フォード「ブロンコスポーツ」

ブロンコの予約殺到は、フォードにとって救いとなるニュースです。直近の四半期については、コロナウイルスの影響により、自動車の出荷台数と収益の低下が報告されています。また、2020年第4四半期も赤字になると予想されます。

ブロンコの人気はすぐには影響を及ぼさないものの、来年以降に恩恵を受けることになるでしょう。

フォード「ブロンコ(2ドア仕様)」

フォードは今後、ブロンコスポーツ、ブロンコ、電動SUV「マスタング マッハE」といった目玉商品と並んで、新型ピックアップトラック「F-150」も発売予定です。

ベストセラーとなっているF-150は、プラグインハイブリッドのパワートレインを初めて搭載。今後2年以内には純EV仕様もデビューします。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント