Google Payが新たな提携で2021年のデジタルバンキング計画を強化

私たちの生活はますますオンライン化、モバイル化が進んでいますが、食品や物資をオンラインで購入することができても、未だに対面取引のために銀行に訪れる必要があります。しかし、今日の世界情勢を考えると、それもますますリスクが高くなり、人々はオンラインやデジタルバンキングのソリューションに注目し始めています。Google Payは2021年、その選択肢を新たに1つ提供する予定です。

提携先が資金を管理、Googleはフロントに

Google Payの一部としてのデジタルバンキングサービスに関する計画は2019年に始まりました。偶然にも、Apple社がゴールドマンサックス社と共同で独自のApple Cardを発行したのもその頃でした。しかし、まだブランド化されていないGoogleのデジタルバンクは、単なるクレジットカードを超えており、提携先との関係も異なったものになるようです。

Googleは単にデジタルバンキングサービスの「フロントエンド」となり、資金はパートナー機関によって管理され、そのすべてがFDIC(連邦預金保険公社)によって保証されます。両社の提携関係は、単なる飾りではありません。今回新たに提携を結んだ、BBVA(スペインの銀行)やBankMobileといった企業名が前面に表示されています。これは、Appleがゴールドマンサックスとの提携で直面している不安定なPR状況とは対照的です。

両者にメリットのある提携

このパートナーシップはとても共生的なものです。たとえばBBVAにとって、このGoogleのデジタルバンキングサービスは同社のオープンプラットフォームと提携しており、オンラインおよびモバイル優先の新世代の消費者にとって自社ブランドをより魅力的なものにしています。BankMobileも同様に、従来の銀行取引を不便に感じる若い世代の、特に大学生をターゲットにしています。

Googleは、これらのユーザーがスマートフォンからお金を管理する方法を提供するだけでなく、財務状況を把握し、予算を管理するためのツールも提供します。これは、もちろんGoogleがこれらのパートナーシップを通じて手に入れることができるデータのおかげです。現在は、Bank Mobile、BBVA USA、BMO Harris、Citi、Coastal Community Bank、First Independence Bank、SEFCU、SFCUを含むこれらのパートナー以外にも、2021年にいつ米国でローンチされるかなど、Googleデジタルバンクについての詳細はまだほとんどわかっていません。

コメント