ランボルギーニSCV12 サーキット専用、自然吸気ハイパーカー

ランボルギーニは、開発中の最新ハイパーカー「SCV12」を公開しました。カモフラージュが厳重に施されているものの、その攻撃的で美しい姿が確認できます。ランボルギーニ史上最もパワフルな自然吸気V12エンジンを搭載しています。

最高出力は、実に830馬力以上になるとランボルギーニは述べています。これは、「エアロダイナミック・スーパーチャージ」と呼ばれる構造を採用することで実現したといいます。

SCV12のボンネットには2つの巨大なエアインテークが設けられています。ルーフ上のラムエアインテークに空気を導くためのセンターリブも装備。走行時に発生する空気圧の変化を利用し、効率的に空気を吸入します。

その結果、エンジン内の空気の流れが大きくなり、従来のスーパーチャージャーのようにパワーを向上させることができるのです。

もちろん、最も効果を発揮するのは高速走行時です。

ランボルギーニは、SVC12はサーキット専用であり、公道での使用は想定していないと述べています。

これは、特大のフロントスプリッターをはじめとするエアロパーツの数々を見れば納得でしょう。リアに堂々たるカーボン製リアウイングが鎮座し、その下ではフルカーボン製シャシーがクルマを支えています。

ランボルギーニによると、SCV12はGT3よりも高いレベルのダウンフォースを生み出すとのことです。

V12エンジンから生まれたパワーは、シーケンシャル6速トランスミッションを介して後輪に送られます。このトランスミッションは、シャシー内の構造要素として開発されたもので、車両全体の軽量化と重量配分の改善に貢献しています。

足回りも特別で、マグネシウム製ホイールにピレリ製の専用スリックタイヤを履いています。フロントは19インチ、リアは20インチ。プッシュロッド式のリアサスは、トランスミッションに直接取り付けられています。

生産はサンタアガタ・ボロニェーゼのランボルギーニ・スクアドラ・コルセ工場で行われます。購入者には、世界中の様々なサーキットでの高度なドライビングプログラムも提供されます。

このプログラムでは、ル・マン24時間レースで5回の優勝経験を持ち、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのスペシャルプロジェクトコンサルタントでもあるエマニュエル・ピロが指導してくれます。

さらに、エンジニアがSCV12を最高の状態に保つためのアドレスを行います。

パフォーマンスや生産台数など詳細情報の発表は、今年の夏に予定されています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント