iOSのGoogleアプリにシークレットモードが登場

将来的にGoogleは、Chromeだけでなく多くのアプリでシークレットモード(プライバシーモード、プライベートブラウジング)を広めようとしています。今回の機能拡張は、iOS向けのGoogleアプリ(別名『Google検索』アプリ)です。iPhoneやiPad用のGoogleアプリで、プロフィール写真からシークレットモードが使えるようになりました。写真を長押しして、素敵なメガネと帽子のアイコンに変装してみましょう。

検索や閲覧履歴をデータ蓄積しなくなる

このプロセスを御覧ください。とても簡単です。iOS用Googleアプリの最新バージョンをお使いの場合は、Googleアカウントにログインし、プロフィール写真を長押しします。アイコンの長押しだけでシークレットモードがオンになるので、非常にスムーズに機能するはずです。

シークレットモードがオンになると、Googleはユーザーの検索や閲覧履歴をGoogleユーザーデータに追加しなくなります。しかしこれを行っても、スマートフォンのすべての面で必ずしもプライベートであるとは限りません。検索クエリをGoogleアカウントのユーザーデータに追加しないのは、Googleアプリだけです。

Android版やマップ、YouTubeでも導入の見込み

Googleアプリ以外は、アイコンを長押ししない場合と同じように処理されます。このシステムは、2020年6月24日の最新アップデートにより、GoogleアプリのiOSバージョンで動作しており、まもなく他のGoogleアプリでも動作する予定です。

この長押しのシークレットモード機能が次に導入される予定のGoogleアプリは、GoogleマップとYouTubeです。これらのアプリには、この機能がまだプラットフォームに統合されていません。iOSまたはAndroid向けのGoogleマップやYouTubeのアップデートが公開される前に、Android向けGoogleアプリに長押しのシークレットモードが追加される可能性があります。

コメント