公表前のVW ID.4、画像流出 モデルYに対抗する新型SUV

フォルクスワーゲンの新型EV、ID.4のリーク画像がインターネット上で流れています。同ブランドにとって2台目となるEVの姿が明らかになりました。画像は、フォルクスワーゲンから中国工業情報技術部に提出された書類の一部で、何らかの理由で流出したものとみられます。

ID.4は、2017年のロサンゼルスモーターショーで初公開されたコンセプトカー「ID.CROZZ Concept」をベースにした電動SUVです。もともとは今年のジュネーブモーターショーでデビューする予定でした。

その後のVWの計画では、今年の夏の終わりごろにID.4の詳細を発表することになっていましたが、今回の流出により意図せず姿を見せることになりました。

テスラ モデルYやフォード マスタング マッハE、ジャガー I-PACEなどとサイズが近いことから、これらと競合することになると思われます。

スタイリングとしては、アトラスやティグアンよりも曲線的で洗練されています。ドアハンドルは空力性能を向上させるために凹型になっています。

また、ID.3と同様のヘッドライトとグリルデザインを採用していますが、より大きくスポーティな存在感があります。

フォルクスワーゲンによると、発売時には後輪駆動モデルのみが用意されるようです。パワートレインには、電気モーター1基と小型のバッテリーを搭載します。全輪駆動モデルは来年に発売されるとのこと。

VWのMEBプラットフォームを採用するID.4は、さまざまなモーター配置やバッテリーの種類に柔軟に対応できます。航続距離は最長500km(WLTP欧州テストサイクル)に及びます。

正式デビューは今夏の予定。価格は明らかにされていません。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント