フェラーリ F8トリブートを787馬力まで強化 ノヴィテック製カスタム

ノヴィテック(Novitec)は、フェラーリのカスタマイズに長年取り組んできた会社です。同社はフェラーリ F8トリブートのエンジンをチューニングし、787馬力を発生させています。

エンジンのチューニングに加え、軽量化を図りながらパワーとサウンドを最適化する高性能エキゾーストシステムを搭載しています。エアロダイナミクスボディキットも開発中で、21インチまたは22インチの鍛造ホイールを装備。また、オプションでフロントリフトシステムと組み合わせることができるスポーツスプリングも装着可能です。

また、インテリアにも様々な改良を加え、車両のカスタマイズを可能にしています。ノヴィテックは、F8トリブートに搭載される3.9L V8ツインターボに対応した様々なパフォーマンスキットを開発しています。Nトロニック・コントロール・モジュールは、V8エンジンのインジェクションとイグニッション・システムのプログラミングを最適化します。また、ブースト圧の制御も変更可能。

チューニングによってベースエンジンよりも67馬力パワーアップし、トルクも770Nmから882Nmに増加させています。停止状態から時速100km/hまで2.7秒で到達(0.2秒短縮)します。

エキゾーストはステンレス製で、電子サウンドのオン・オフを切り替えることができます。フェラーリのオーナーは、カスタムエキゾーストシステムを市販のエキゾーストチップまたはノヴィテックの提供するものと組み合わせることができます。特に便利なのは、フロントのリフトアップシステムを後付けできることでしょう。フロントを40mm上げることができるので、運転のしやすさが向上します。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント