iPad Pro用トラックパッド搭載Magic Keyboardを分解。2つの「驚き」を発見

AppleのiPad Pro用トラックパッド搭載Magic Keyboardは、いろいろな意味で好奇心をそそるものです。多くの人は当然のことながら、iPad Proがノートパソコンを凌駕するというAppleが放つメッセージに注目するでしょう。しかし、iFixitのような分解の「専門家」たちは、Appleのメッセージよりも、その内部がどうなっているのかに注目しています。iFixitがトラックパッド搭載Magic Keyboardを初めて分解し、その過程でいくつかの「驚き」を発見しています。

まず最初の驚きは、Magic Keyboardのトラックパッドを簡単に取り外すせたということです。トラックパッド部分に熱を加えた後、てこの原理を使って、トラックパッド部分のトップアセンブリを容易に取り外すことができたそうです。隠れたケーブルや不用意な切断を考慮しなくていいということは、トラックパッド部分の修理可能性の高さを物語っています。

トラックパッドのトップアセンブリを取り外したその下には、さらに大きな驚きが隠れていたのでした。X線写真では4つのボタンだと思われていたものが、実は真ん中に1つのボタンがあるだけで、トラックパッド領域のどこをクリックしても、中央のボタンが押されるような仕掛けになっているのでした。では、何がトラックパッドにクリック感を与えていたのでしょうか?

どうやら、トラックパッドにクリック感を与えている「モノ」の正体は、トラックパッドの近くや角を押すたびに、中央のコンタクトプレートを持ち上げる、シンプルながらも独創的なレバーシステムだったようです。レバーがトラックパッドの周囲だけでなく、角の部分もカバーしているため、トラックパッドのどこを押しても均一なクリック感が得られるようになっているのです。

分解ファンにとって残念なことに、トラックパッドはMagic Keyboardにダメージを与えずに取り外すことができる唯一の部分です。トラックパッド搭載のMagic Keyboardがスプリングヒンジを含む、より新しく、より多くの部品が使用されていることを考えると、これまでのどのSmart Keyboardカバーよりも分解はややこしくなることが予想されます。

コメント