MicrosoftはSurfaceドック2とUSB-Cトラベルハブを発表

Microsoftは先日2つの新しいドッキングステーション、Surface Dock 2とUSB-C Travel Hubを発表しました。これらは、新しいSurface Book 3では、無くしてしまったポートから注意をそらすのに十分であることを望んでいます。デスクトップ周辺機器へのアクセスを望んでいるが、ラップトップでも毎回抜き差しする必要をなくするために、2つのハブはまた、一対のデスクトップキーボードとマウスセットで結合されています。

–Surface Dock 2

Microsoftの第2世代のSurface Dockは、前任者が中断したところから始まりますが、データレートの向上や充電の高速化などの機能を備えています。マイクロソフトは、最も強力なノートブックにThunderbolt 3ポートを配置することをまだ拒否しているため、Surface Connectorに落ち、重い作業を行います。

Thunderbolt 3は別として、ポートが不足することはありません。イーサネット、オーディオ、ディスプレイ用USB-C、デバイス用USB-A、USB-Cなどがあります。新型コロナウイルスの大流行時に在宅で働いている人の数を考えると、ソファからデスクに戻って移動するときに、周辺機器のホスト全体にすばやく接続するのは良い考えのようです。

Surface ドック 2はアメリカでは今月後半に発売され、価格は$ 259.99です。

–Microsoft USB-Cトラベルハブ

2番目の新しいドッキングステーションは、SurfaceコネクタではなくUSB-Cに依存しています。つまり、Surface Book 3だけでなく、Windowsマシン全般に加えて、Mac、iPad Pro、Androidスマートフォンでも動作します。 Surfaceドック2よりも小さいUSB-Cトラベルハブは、モバイルでの使用にも適しています。

片側でLANケーブルとHDMI、もう片側でUSB-CとUSB-Aを利用できます。最後のVGAポートは、なんらかの理由で今でもプロジェクションシステムを使用しているオフィスに対応するのに役立つはずです。こちらもアメリカでは、今月後半に発売され、価格は$ 99.99です。

–Microsoftデスクトップセット–

2つの新しいアクセサリセットがラインナップに加わります。 Microsoft Ergonomic Desktopには、人間工学を向上させるためのスプリットデザインキーボードが組み込まれており、クッション付きパームレストが組み込まれています。クッション付きの親指当てが付いたマウスとペアになっています。

Microsoft Bluetooth Desktopに関しては、スリムな筐体のフルサイズキーボードとコンパクトマウスはBluetoothを使用し、ワイヤレスで接続されます。価格は59.99ドル、Microsoft Ergonomic Desktopセットは89.99ドルです。

コメント