動画で見るiPad Pro Magic Keyboardのヒンジ部分とトラックパッド

Appleが新しく発売したiPad Pro用Magic Keyboardをフィーチャーした一連のビデオがYouTubeで公開されました。ハンズオン動画では、ヒンジの頑丈さ、トラックパッド、iPadでの設定の動作など、新しいキーボードアクセサリのさまざまな側面を紹介しています。動画は、Magic Keyboardを先行予約したユーザーへの出荷に先立って提供されます。

新しい動画は週末にさまざまなインターネットユーザーによって視聴され、最近9to5Macによって集約されました。動画は2人の異なるユーザーから来ており、1セットの動画は英語で、もう1セットはタイ語です。どちらも11インチiPad ProでMagic Keyboardを披露します。フローティングヒンジデザイン、トラックパッド、キーボードバックライト、充電用USB-Cパススルーポートなどが含まれます。

動画から詳細を収集するのは難しいですが、ヒンジは非常に頑丈で硬く見えます。これにより、ユーザーはiPad Proを必要な角度に配置し、無茶なシフトや折りたたみなしで膝の上でキーボードを使用できます。ユーザーは、iPadOSのハードウェアキーボードメニューを使用して、キーボードのバックライトの明るさを調整できます。このメニューでは、自動大文字のオンとオフを切り替えることもできます。

Magic Keyboard for iPad Proは、はさみベースのキーメカニズムを備えており、移動量は1mmです。ビデオからこれがラップトップと比較してどれほど優れているかを理解することは困難ですが、タイピングエクスペリエンスはFolioベースのキーボードに比べてはるかに頑丈であるように見えます。 Appleが約束したように、iPadはMagic Keyboardのフローティング部分にマグネットで取り付けられ、特定の画面角度に調整できます。

キーボードのUSB-Cパススルーポートは、iPad Proの充電に使用されます。つまり、タブレット自体のポートは、USBサムドライブやハードドライブなどの接続に自由に使用できます。 Magic Keyboardを先行予約した人がどれだけ早くそれを入手しているかは不明ですが、Appleは出荷が順調に進んでいるようです。 11インチiPad Pro用のMagic Keyboardは、現在31,800円(税別)でAppleから注文できます。

コメント