Facebookのモバイルゲームアプリが間も無くリリース

Facebook社は、アメリカ時間4月20日にFacebook Gamingというモバイルアプリをリリースする模様です。

モバイルゲーム業界は、現在約10億ドル規模の大市場となっていますが、ゲームアプリがこれほどまでに普及する以前は、Facebookが人々の娯楽やコミュニティ手段として圧倒的存在感を放っていました。最近ではAmazonによるツイッチやMicrosoftのミキサー、YouTube Gamingなどのゲームストリーミングが頭角を現しており、今回のFacebook Gamingリリースはこれら競合他社への遅れを取り戻し、対抗するためのプラットフォームとなるでしょう。

新型コロナ流行を受けリリース早まる

Facebookは当初、6月のリリースを計画していましたが、予定を大幅に変更し現地時間20日にゲームアプリをリリースすると伝えられています。世界中で流行している新型コロナウイルスの感染拡大防止のため人々が屋内で過ごす時間が増えた、まさにこのタイミングでの市場に狙いを定めたと見られます。

Facebook Gamingアプリは、複雑な設定を必要とせずにモバイルゲームのほぼシームレスなストリーミングを可能にします。 ユーザーはすぐにFacebookの友達にストリーミングしたり、後で表示するためにアップロードしたりできます。 すでにFacebookを利用している場合、ユーザーは別のストリーミングサービスを行ったり来たりすることなく巨大なネットワークにすぐにアクセスできるようになります。モバイルゲームソーシャルネットワークという、2つの要素の組み合わせがFacebook Gaming最大の利点であり、ツイッチなど他の企業アプリが足を踏み入れる前にモバイル市場で優勢となる見込みです。

少なくとも初めのうちはアプリに広告は表示されませんが、視聴者はストリーマーに有料の「スター」を送信でき、Facebookはそれらのトランザクションから切り捨てるとのことです。

世界経済の混乱を目前に控えつつ、巣篭もり需要の高まりを受けアプリリリースの予定を前倒しした今回の決断は、果たしてFacebookにとって吉と出るでしょうか凶となるでしょうか。いずれにせよ、モバイルゲーム界は今後ますます激しい火花を散らすといえそうです。

コメント