NASAとSpaceXの有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げの日決定

NASAは、宇宙飛行士を搭乗させた最初のSpaceX Crew Dragonの打ち上げ日を設定し、米国の地から離陸する米国のミッションへの復帰をマークしました。 NASAが2011年に有人宇宙船打ち上げのスペースシャトルが退役してからほぼ10年になります。

当時、スペースシャトルの驚異的なコストと老朽化したハードウェアが、プログラムを閉鎖する主な理由でした。その代わりに、より費用対効果の高いロケットと宇宙船の技術を開発するためのNASAとSpaceXのような民間の宇宙会社とのパートナーシップである、商業クループログラムがあります。

5月27日に、フロリダのLaunch Complex 39Aからの離陸予定です。その後、すべてが予定どおりに進んだら、NASAの宇宙飛行士であるロバートベンケン氏とダグラスハーレー氏は、SpaceXのクルードラゴン宇宙船に乗って、ファルコン9ロケットに乗ることになります。午後4時32分(EDT)に、そのロケットが打ち上げられ、2人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに向かいます。

NASAは、「SpaceXの最終的な飛行試験として、このミッションでは、発射台、ロケット、宇宙船、運用機能など、同社の乗組員輸送システムを検証します。また、NASAの宇宙飛行士が軌道上で宇宙船システムをテストするのはこれが初めてです。」

どちらの宇宙飛行士も、宇宙飛行を知らないわけではなく、実際にスペースシャトルに搭乗しています。ベンケン氏は、2008年と2010年に2回の飛行を完了し、両方のミッションで6回の宇宙遊泳を行いました。同様に、ハーレー氏は2009年と2011年に2つのスペースシャトルミッションを行いました。

−ISSへの24時間の旅−

SpaceX Crew Dragonカプセルは、打ち上げから国際宇宙ステーションへの自動ドッキングまで約24時間かかると予想されています。その間、2人の宇宙飛行士とその対応者は、環境制御システム、ディスプレイと制御システム、操縦スラスタのようなものをテストします。

宇宙船がISSにドッキングしている間もテストは継続され、ベンケン氏とハーレー氏が宇宙ステーションの第63遠征隊に加わります。そのための固定期間は確立されていません。NASAは、次の民間乗務員の打ち上げの準備ができたときに滞在期間を基準にすることを計画していますが、2~3か月程度になる可能性が高いです。その時になると、クルードラゴンは自動的にドッキングを解除し、2人の宇宙飛行士は地球に戻ってフロリダ近くの大西洋岸に着水予定です。

−SpaceXの最後のシェイクダウン−

これはNASAにとって大きな一歩であり、SpaceXにとっても同じくらい大きなものです。このDemo-2ミッションは、クルードラゴンが商業乗組員プログラムの下でNASAによって認定される前の最後の主要なステップです。それが確定すると、ISSへの長期ミッションのためにクリアされます。

さらに、同じテクノロジーが、アルテミスプログラムに基づくNASAの計画されたミッションに使用されます。これにより、米国の宇宙飛行士は2024年に月面に戻り、次の10年間で最終的に火星への乗組員のミッションへの足がかりとなるでしょう。

SpaceXは、商業乗組員プログラムに関与している多数のパートナーの1つである乗組員ドラゴンカプセルの開発のためにNASAから31億ドル以上支払われました。 SpaceXの貨物ミッションは数年前から実行されており、ISSに補給物資を運んでいますが、5月27日の打ち上げは人間が搭乗する最初の打ち上げとなります。

コメント