DJIのMavic Air 2が2週間後に登場する可能性あり

家電製品の販売はここ数週間で増加していますが、それらの多くには共通点が1つあります。これらはすべて、自宅で使用するか、自宅で作業できるように設計されています。対照的に、人が外に出たり、外に出たりする必要がある製品は、おそらく売り上げと関心の低下が見られるため、新しいドローンモデルの発売はほとんど賢明ではないように見えます。ただし、DJIは今月後半にも新製品を発売し、Mavic Air 2をまったく異なる世界に向けて発売する可能性があります。

室内を楽しく飛行できる無人偵察機は確かにありますが、Mavicラインのサイズと洗練さは、オープンスカイにぴったりです。そうは言っても、最近のリークに基づいて、Mavic Air 2はDJIの消費者向けドローン市場に堂々と正面切ってに座り、Air Mavic以外のドローンと競合する機能を欠いているように思います。

これらのリークは、より大きなバッテリーを指しています。確かに、最初のMavic Airの2,375 mAhから3,500 mAhになりました。ただし、上向きの障害物検出センサーがないため、屋内に飛ばしたくないのだと思われます。デザイン面に関しては、Mavic Air 2はMavic 2の外観をそのままリハッシュし、皮肉なことに、最大の構造変化はコントローラーだけに見られる可能性があります。

DJIは、現地時間の4月27日午後9時30分頃(日本時間の4月28日午前10時30分)に発生するであろうイベントを示すティーザーをツイッターに投稿しました。画像は、通常の単一ラインではなく、ダイヤモンドのパターンで配置されたバッテリーLEDインジケーターを備えたドローンの上部を表示しているようです。

外出する事の制限があるにもかかわらず、ドローンは、少なくとも人々が今行けない場所に到達するために、実際に役立つかもしれません。もちろん、コントローラーから遠くまで移動することはありませんが、バッテリー寿命が長くなることで、Mavic Air 2が安全な社会的距離からより多くの映像をキャプチャできるようになることを期待しています。

コメント