期待が膨らむ次期「マツダ6」は直6エンジン+後輪駆動

マツダは、次世代の「マツダ6」を待ち望んでいるファンのために、何かエキサイティングなものを用意しているようです。現行モデル(トップ写真)が2022年末までに次世代モデルに置き換わる際、マツダ6は全く新しいプラットフォームを採用すると報じられています。この新プラットフォームでは、縦置きのエンジンレイアウトと後輪駆動が可能になるとのことです。

現行モデルの前輪駆動方式から後輪駆動に変更することで、より魅力的な走りを実現できるようになるでしょう。また、駆動方式の変更に伴い、新しい直列6気筒エンジン「スカイアクティブX」が搭載されると伝えられています。

Car and Driverによると、このエンジンは最大350馬力を発揮する可能性があるとのこと。そして、トヨタが次世代のレクサス「IS」や「RC」に搭載するとされています。また、次期マツダ6は、ロングノーズ&ショートデッキのスタイリングを有する2017年の「マツダ ビジョンクーペ」のコンセプトに似ていると予想されています。

その他、マツダが2ドアモデルと4ドアモデルの両方に直列6気筒を搭載する可能性も示唆されています。この噂のもう1つの興味深い点は、48Vのハイブリッドシステムと組み合わされる可能性があるということです。

いくつかの自動車メーカーは、特にリンカーン(Lincoln)をはじめとして、ハイブリッドシステムを燃費よりもパフォーマンス向上のために採用しています。次期マツダ6には、その両方を兼ね備えたハイブリッドシステムが搭載されることを期待したいものです。次世代モデルに350馬力のパワーと後輪駆動を投入することで、「ロードスター(MX-5)」をはじめとするマツダのラインナップに、さらなるパフォーマンスの魅力を与えるに違いありません。今のところ、新型「マツダ6」は、2022年末までに発売される予定です。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント