SNS中毒を押しとどめるFacebookの新機能

Facebookは最新のアップデートで、ソーシャルメディアに消費する時間の管理に苦労しているユーザーを支援する新機能を発表しました。最新のアップデートである”クワイエットモード”は、その名の通り、一定の時間Facebookを沈黙させて、ユーザーが人生の他のことに集中できるようにするオプションです。

自宅隔離中にありがちなSNS中毒に対しての取り組み

ソーシャルメディア中毒は、他のことへの集中力を失ってしまい、プッシュ通知を繰り返し見たいという衝動に悩まされている人々の真に迫った問題です。新しい通知の出現により、ユーザーは関連するソーシャルメディアアプリを開くきっかけとなり、何時間もの無心のスクロールやメディア消費に拍車をかける可能性があります。

多くの人々を孤立させ退屈させているCOVID-19(新型コロナウイルス)による自宅隔離中は、ソーシャルメディアがより気になるものです。ソーシャルメディアは、人と人をつなぐのに役立つツールとして機能しますが、多くの場合、気を散らすもので、仕事、学校、または他の人との時間を浪費してしまいます。

通知のオフとクワイエットモード終了までの時間を表示

2020年4月9日にFacebookは、COVID-19(新型コロナウイルス)関連の取り組みの中で、ユーザーがソーシャルメディアから離れて何か他のことに集中できるようにするための方法として、モバイルにクワイエットモードを導入したと述べています。このモードを有効にすると、ほとんどのプッシュ通知をミュートすることができます。

また、通知設定の他にも、クワイエットモードがアクティブになっているときにユーザーがFacebookアプリを開くと、プラットフォームはユーザーにクワイエットモードを設定したことを表示して思い出させることで、別のことをするように促します。クワイエットモード終了までの時間はユーザーが指定できるので、ユーザーがスクリーンタイムを管理するのにも役立ちます。この機能は、設定メニューのの中から見つけることができます。

コメント