NASAは月のクレーターを巨大電波望遠鏡に変えれるか

先週、NASAは大きな月のクレーターを大きな電波望遠鏡に変えるべきであることを示唆する新しい科学的提案を発表しました。 NASAによると、月に電波望遠鏡を設置することには、複数の利点があり、周回望遠鏡と地球ベースの望遠鏡は干渉などにさらされています。クレーター望遠鏡は、実際のプロジェクトになるところまで進んだ場合、ビルダーロボットを必要とします。

NASAはさまざまな宇宙提案に対して助成金を発行しました。その1つが、3kmから5kmの月のクレーターを、それ自体が1km幅ほど長い超長波電波望遠鏡に変えるというアイデアです。望遠鏡は月の向こう側に配置され、宇宙機関は「とてつもない利点」と言っています。

この望遠鏡は月面クレーター電波望遠鏡(Lunar Crater Radio Telescope-LCRT)と呼ばれ、壁を登るDuAxelロボットを使用して配置されたメッシュから構築できます。メッシュは、球状のキャップ反射鏡を作成するために使用され、潜在的に太陽系全体で最大の開口型電波望遠鏡になります。

NASAによれば、月のこの部分に電波望遠鏡を設置すると、科学者に複数のメリットがもたらされるとのことです。それは30MHz以下の周波数で観測を行うことができるというのです。それは宇宙機関が地球ベースのそして周回望遠鏡の限界のためにほとんど人間によって探査されなかったと述べています。

また、この場所にある望遠鏡には、月が物理的なシールドとして機能し、電離層や衛星などからの不要なノイズや干渉から保護するのに役立つという利点があります。全体として、NASAはこのような望遠鏡が「とてつもない科学的発見」を提供できるのではないかと予想しています。もちろん、そのような望遠鏡がこれまでに構築されていると仮定します。

コメント