Googleマップがアップデート:デリバリーやテイクアウトが可能な飲食店の検索機能追加

Googleは、COVID-19(コロナウイルス)のパンデミックの影響を受けた企業や消費者のためのマップのアップデートを発表しました。Googleマップには、レストランがデリバリーサービスやテイクアウトの注文を受け付けているかを検索できる機能が追加されました。ユーザーは自分の街のどのレストランが、食べ物の注文を受けているかを把握することができます。なお、この機能はモバイル版で公開されています。

コロナ禍で、飲食店はデリバリーやテイクアウトへ移行

コロナウイルスによるパンデミックのため、自宅待機要請のある州では、レストラン店内での接客はできなくなりましたが、営業を続けて注文を受けることはできます。注文は、消費者の家か消費者の家の玄関先まで配達され、人々がお互いに近づかないようにする必要があります。これは、デリバリーサービスの用意がなかった飲食店にとって大きな打撃となりました。

Googleは最近、Google検索とマップ上のリストに「一時的に閉鎖」のオプションを追加することによって、消費者のレストラン選びに役立てました。この機能追加により、企業側もコロナウイルスのパンデミックによって、営業していないことを簡単に知らせることができます。そして今回のアップデートによって、デリバリーサービスとテイクアウトを行っているレストランを検索できるようになりました。

マップ上からの検索や配達サービスの選択も可能

このアップデートは日本でも使用可能な機能です。iOSまたはAndroidでGoogleマップを起動し、検索バーの下にある[テイクアウト]または[デリバリー]フィルターオプションをタップして、これらのサービスのいずれかを提供するレストランを抽出することができます。Googleマップは、いずれかの方法の注文も受け付けている近くのレストランのリストをプルアップしてくれます。

同様に、消費者が検索した特定のレストランがデリバリーサービスまたはテイクアウトのオプションを提供しているかどうかもアプリに表示させることができます。さらに各リスティングは、レストランのウェブサイトやDoorDashやUberEatsなどのユーザーが注文できる配達サービスのポータルにユーザーを誘導します。配達サービスへ誘導してくれるオプションは、Googleが独自のプラットフォームを通じて利用可能なレストランを表示し、消費者が複数の選択肢から選べるように提供をしています。

コメント