女性のガンを発見するスマートブラ

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の学生グループが 「SmartBra」 というブラジャー型のデバイスを開発しました。彼らによると、これは初めてガンを予防するためにデザインされた下着だといいます。学生たちは、 「Innovation and Entrepreneurship in Engineering」 と呼ばれる授業でこの画期的なスマートブラを開発しました。この授業は工学部と経営技術短期大学が共同で行いました。

異常を検知すると病院の予約まで取ってくれる

SmartBraは、IcosaMedという企業の技術を利用して、超音波を使って、がんの可能性のある細胞のエコースキャンを行い、超音波は圧電センサーを使用しています。チームのメンバーの1人は、SmartBra検出システムで使われている技術は非常に小型化されており、快適に着用でき、ユーザーにはほとんど見えないとのことです。

センサーが疑わしい細胞の塊を検出すると、着用者にアラートが出され、医療の専門家との予約を取ることができます。研究チームは、このスマートウェア技術がガン予防の革新的アプローチにつながる可能性があると考えています。チームの技術者たちはまた、いつか自分たちのシステムがガンの検出以上のことができるようになることを期待しています。

画期的な装着型ガン発見機

将来的には、このシステムが画期的なガン予防のツールとして、低線量の超音波を連続的に発し、悪性腫瘤の細胞死を促すことができるようになることを期待しているといいます。研究チームは現在、ガンと診断された女性が毎日状態をモニタリングできるようにすることを目指して、SmartBraを商業的に発売する計画中です。商品化は2021年に予定されており、最終的にはすべての女性へ手に取ってもらう予定だといいます。

研究の一環として、チームは超音波発信器を安定的に使用するため、一般的に使用されるゲルに代わるプラスチックインターフェースを開発しました。この画期的な技術は、ゆくゆくは下着やボディースーツといった他のハイテク繊維にも応用され、さまざまな種類のガンを検知して予防することが可能になることが期待されます。現在、同チームは商業化のための資金を集めており、合計400万スイスフラン(日本円で約4億5千万円)が必要との事です。

コメント