アカウント登録もインストールも不要。スカイプの「Meet Now機能」で即ビデオ会議

自宅に持ち帰った仕事は一人でできることもありますが、共同作業の多い仕事の場合、Eメールやチャットだけでは業務に支障が出ることも。在宅勤務者が増える今、顔を見ながらコミュニケーションが取れるビデオ会議サービスに注目が集まっています。サービスを提供する会社は複数ありますが、「リンクを送信するだけで始められる」こと以上に簡単なものはないでしょう。それはまさに、スカイプの新機能が約束していることです。

「使い捨て」もOK、機能はしっかり

スカイプには独自のビデオ通話機能があります。それは、「スラック」や「マイクロソフト チームズ」、そして物議をかもしている「ズーム」も同様です。しかし、スカイプを含めこれらのサービスを利用するためには、少なくともアカウントへのサインアップが必要です。中には、アプリをダウンロードする必要があるものもあります。1回限りの利用や、ビデオ通話を頻繁に使わない人にとっては、少し手順が面倒に感じるかもしれません。

スカイプの「Meet Now(ミートナウ)機能」は、アカウント登録やアプリのインストールといったものはありません。この機能は、言わば「使い捨て」のスカイプビデオ会議のようなものです。しかし、リンクは少なくとも30日間は持続します。URLリンクを発行し、会議出席者がそれをクリックすると、ウェブ上のスカイプか、携帯電話の場合はスカイプのアプリに移動します。

このようなシンプルな機能にもかかわらず、Meet Now機能にはスカイプの基本的な機能がいくつか搭載されています。通話を録画して後で見られるようにしたり、ビデオ会議に入る前に自分が写る画面の背景をぼかすこともできるので、部屋が散らかっていてもストレスを感じることはありません。また、プレゼンテーションやデモンストレーションをする際に必要となる画面共有機能もあります。

「ズーム」に代わるか?

このスカイプの新機能がスタートするには、これ以上ない良いタイミングだったかもしれません。競合他社の「ズーム」では、複数のセキュリティ問題に直面しています。スカイプの手間のかからない(おそらく)安全なビデオ会議サービスは、ズームに代わる新たなツールになり得るのではないでしょうか。

コメント