MacBookからプライバシー機能を受け継いだ新しいiPad Pro

Appleは最新のiPad Proに新しいプライバシー機能を追加し、MacBookのセキュリティ機能と同様、2020タブレットでも盗聴を防止しました。 2018 MacBookシリーズの発売とApple T2セキュリティチップの導入により、ノートブックの蓋を閉じると、ハードウェアマイクが自動的に切断されるように設計されています。

そうすれば、明らかにウェブカメラがカバーされることに加えて、アプリやサービスがマイクを介して密かに聞いていないという安心感が高まります。結局のところ、Appleはその最も高価なタブレットにも同じことをすることに決めました。

Apple Platform Securityドキュメントの更新されたバージョンは、9to5Macが発見した変更の詳細を説明しています。 「2020年以降のiPadモデルには、ハードウェアマイク切断機能も備わっています」と説明しています。 「MFI準拠のケース(Appleで販売されているものを含む)がiPadに接続されて閉じられると、マイクはハードウェアで切断され、マイクのオーディオデータがどのソフトウェアでも使用できなくなります。iPadOSのルートまたはカーネル権限がある場合でも、ファームウェアが危険にさらされています。」

ドキュメントで明らかになっているように、これが機能するためには、MFI認定を受けた特定のタイプのケースが必要です。これは明らかに、現在入手可能なSmart Keyboard Folioや、5月にリリースされる新しいiPad用Magic KeyboardのようなApple独自のケースを意味します。ただし、MFIにも準拠しているサードパーティのケースはたくさんあります。

たとえば、Logicoolには、iPadOSのスクリーンキーボードよりも簡単にテキストを入力したい場合に、iPad Proで動作するいくつかのキーボードケースがあります。あるいは、物理的なキーボードが不要な場合、および厚みがあるため、たとえばOtterboxの場合、iPad Proを閉じたり開いたりするとロックやロック解除が発生する場合があります。また、その過程で新しいハードウェアマイクの切断がトリガーされます。

デジタル盗聴は長い間懸念されてきましたが、より多くの人々がiPadのようなデバイスに依存して自宅で仕事をするようになり、注目がここ数週間で高まっています。 Zoomのようなビデオ通話アプリは、従来のエンタープライズユーザー以外では突然人気が出てきましたが、ユーザーの急増により、セキュリティの欠点が明らかになりました。 Appleは、App Storeににあるソフトウェアがハードウェアを水面下で利用していないことを確認するための承認プロセスを持っていますが、iPad Proのマイクのハードウェア切断は、プライバシーを特に懸念する人にとってのもう1つのステップです。 

コメント