Office 365 がMicrosoft 365 にブランド変更

マイクロソフトは2020年3月30日(米国時間)、ファミリー向けのMicrosoft 365 の新プランを発表しました。既存のサービス名を新たに、新しい体系に適合されます。4月21日から、Office 365 Business Essentials は Microsoft 365 Business Basic になります。

0ffice 365 の各プランは Microsoft 365シリーズに

一方、Office 365 Business Premiumは、Microsoft 365 Business Standardに名称が変更されます。Microsoft 365 Businessは、今後はMicrosoft 365 Business Premiumとして知られるようになります。

この名称変更により、現在異なるパッケージが同じコアタイトルの下に表示されます。たとえば、Office 365 BusinessとOffice 365 ProPlusは、どちらも4月21日からMicrosoft 365 Appsとして世の中に広まります。「必要な場合」マイクロソフトは、「ビジネス向け」と「エンタープライズ向け」のラベルを用いて区別されます。

COVID-19の影響で関心が高まるMicrosoft 365

現在のところ大きな変更は名称のみです。Microsoft 365 ファミリーサブスクリプションの一部となる、パスワードセキュリティモニタリングなどの機能が追加されるまで、新機能のアップデート予定はありません。価格も変更されません。ただし、マイクロソフトによれば今後数か月以内に新情報があるそうです。ただし、日本では Family プランの提供は予定されていないので注意が必要です。

Microsoft 365のコーポレート部門の上級副社長 Jared Spataro 氏は、「(発表の内容は) 中小企業向けであり、Microsoft Teamsの新機能を備えています。豊富な会議やイベントをオンラインで開催するのに役立つことでしょう。また、クラウド上のファイルストレージと共有機能により、どこからでもコラボレーションが可能です。ビジネスを保護するためのセキュリティおよびユーザー管理のそソリューション。企業は世界的な健康面・経済面の深刻な課題に直面しています。我々は一般ユーザーおよび中小企業の顧客を、この成長する Microsoft 365 ファミリーに迎え入れられ、大変嬉しいです。」

今回の変更での影響範囲と今後の予定

新しいブランディングは4月中旬から展開される可能性がありますが、Microsoft のすべてのサブスクリプションサービスが最初から名前が変わるわけではありません。たとえば、Office 365 for Enterpriseプランを使用している場合、Office 365 E1 / E3 / E5 は変更がありません。Firstline WorkersのOffice 365、「F1」も名前はそのままです。

Office 365 for Education(A1、A3、およびA5に分割)は、Office 365 for Governmentと同様にその名前をキープします。どちらも、ユーザー側で変更を加える必要はありません。マイクロソフトは、名称変更は自動的に行われると述べています。Microsoft 365 BusinessおよびMicrosoft 365 Apps for enterpriseプランは4月21日にリリースされます。

コメント