ShureのAONIC 50とAONIC 215はワイヤレスなのにスタジオ級クオリティ

少し前までオーディオアクセサリーといえば、音質よりも見た目重視なところがありましたが、最近のワイヤレスオーディオアクセサリーはプロフェッショナルでなくても音質を最重要視する傾向にあるようです。昔ながらの3.5mmヘッドフォンジャックを廃止するというモバイル業界の推進のおかげで、オーディオ機器メーカーとオーディオテクノロジーの革新者はBluetoothオーディオをより真剣に取り始め、その結果、すべての制限を回避する新世代のスピーカー、ヘッドフォン、イヤホンが生まれました。市場でのビッグネームの1つのShureは、史上初のワイヤレスヘッドフォンを含む新しいAONICブランドとしてポートフォリオを拡大しています。

今年初めに行われたCES 2020で、AONIC 50ワイヤレスヘッドホンはShureのワイヤレスオーディオシステムの深い詳細を表しているようです。ワイヤレスイヤフォンを使用するのとは異なり、AONIC 50オンイヤーカップは大き目なサイズであり、より負担なく耳を収納できます。そしてバッテリ寿命も20時間ととても長いです。調整可能なノイズキャンセレーション、環境音を聞くための「環境モード」、専用アンプ、およびBluetooth 5.0を誇るヘッドフォンは、ワイヤフリーパッケージで提供され、プレミアムスタジオのような品質を誇っています。

AONIC 215は、成長を続ける同社のワイヤレスイヤホンファミリーに加わり、オーディオに妥協することなく究極の携帯性を約束しています。 8時間のバッテリ持続時間、頑丈なケースで3回の追加充電の合計32時間、aptX、AAC、SBCなどのさまざまなワイヤレスオーディオコーデックのサポートにより、最小限のダウンタイムでお気に入りの曲を聴くことができます。音響分離技術(ANCではない)と環境モードを使用すると、周囲の音を遮断したり、必要に応じてそれらを取り込んだりできます。

これら2つの新しいAONICワイヤレスオーディオ製品の特別な才能の1つは、必要に応じてワイヤーで機能することもできます。 AONIC 50の3.5mmアナログ入力は、エンターテイメントアクセサリを電話会議用のツールにすばやく変換します。一方、ShureのTrue Wireless Secure Fitアダプターは、AONIC 215イヤフォンをフラッシュの有線ペアに変えます。

Shure AONIC 215のカラーバリエーションは、クリア、トランスルーセントブラックと、スペシャルエディションのホワイト、トランスルーセントブルーで、市場想定価格で29,800円(税抜)、本日4月3日より発売です。Shure AONIC 50はブラックとブラウンのカラーオプションで、アメリカで399ドルで入手可能です。残念ながら国内の詳しい価格と発売時期は不明です。 AONICファミリーのデビューを記念して、Shureは有名なMaroon 5のアダム・レヴィーン氏と再び提携し、音楽を通じてアーティストの感情とインスピレーションを提供するという2人の長年のパートナーシップを証明するキャンペーンを行いました。

コメント