一般応募の方々の名前がパーセベランス号と一緒に火星へ

NASAは「Send Your Name to Mars」キャンペーンを実施し、世界中の人々を招待し、新しいPerseverance Roverに乗って火星へヒッチハイクします。 1100万人近い人々からの応募があり、そのすべての名前が3本の指の爪サイズのシリコンチップ上に電子ビームでステンシルされました。 NASAの「Name the Rover」コンテストのファイナリスト155名からのエッセイも、チップにステンシルで描かれました。

チップは、3月16日にフロリダ州のケネディ宇宙センターのパーセベランス火星ローバーに取り付けられたアルミニウムプレートに取り付けられました。ローバーは、この夏に打ち上げられる予定で、2021年2月18日にジェゼロクレーターに着陸します。 3つのチップは、陽極処理されたプレートのスペースを共有し、太陽と結合した地球と火星を表すレーザーインチグラフィックを備えています。

NASAによると、このシンプルなイラストは、パイオニア宇宙船のプラークと、Voyager 1とVoyager 2で運ばれたゴールデンレコードに使用された「エレガントなラインアート」に敬意を表しています。プラークは、後部クロスビームの中央に取り付けられ、ローバーのマストにあるカメラをプレートに見えるようにします。

NASAによると、現在、新型コロナウイルスは火星パーセベランスローバーの打ち上げスケジュールに影響はありません。 3月21日、チームは、打ち上げ時にアトラスVロケットの上に乗ることができるローバーの再構成を開始しました。手順には、ロボットアームの収納、リモートセンシングマストとハイゲインアンテナの所定の位置への下降とロックが含まれていました。このプロセスには、脚と車輪を引っ込めることも含まれます。

パーセベランス号は、2300ポンド弱の非常に大きなローバーです。ローバーの主な目的は、火星の気候と地質を特徴付けるために作業しながら、過去の微生物や生命の兆候を探すことです。ローバーはまた、将来的に地球への帰還する時のためにサンプルを収集し、科学者が火星の人間の探査への道を開くのを助けます。ローバーはカリフォルニア州パサデナにあるカリフォルニア工科大学の一部門であるJPLによって建設されています。 JPL:Jet Propulsion Laboratory(ジェット推進研究所)は、NASAのローバーの運用も管理します。

コメント