YouTube Musicモバイルアプリに歌詞表示の機能が追加

YouTube Music でこれからはカラオケが楽しめるかもしれません。ユーザーがコンテンツに沿って簡単に歌うことができるよう、各曲のページに歌詞が追加されました。今まではコンテンツに沿って歌詞を楽しむには、別のサービスやGoogle 検索で歌詞を検索し、アプリを切り替える手間が発生していました。今度の機能追加で随分と省力化できそうです。しかし、この歌詞機能には大きく欠けている点もあります。

サブスクリプション「 YouTube Music Premium」

YouTube Music は、Google の最新かつ最高の音楽サービスです。ユーザーは厳選されたプレイリストなど、さまざまな音楽にアクセスできます。このサービスは、オプションの YouTube Music Premium サブスクリプションで月額1,180円で利用できます。これにより、ユーザーは広告を自動でスキップでき、オフラインアクセス時のためにダウンロードができます。通信量が節約できますね。もちろん携帯電話のディスプレイがオフになっている状態でも音楽を聴くことができます。

曲に沿った自動スクロールはなし

ユーザーは、デスクトップまたは専用の YouTube Music モバイルアプリを使用します。ところが The Verge でも取り上げられたように、曲に合わせて自動的に歌詞がスクロールされないため、手動でスクロールする必要があるのです。モバイルアプリ版のみの機能追加のため、この機能がいつデスクトップサイトに登場するかは明らかにされていません。

簡単に操作方法を見てみましょう。YouTube Music ユーザーは、最初に曲を起動してから、画面の左下にある小さな「i」アイコンをタップすることで歌詞を表示できます。歌詞は、Google 検索の結果一覧と同じように静的に表示されます。つまり、前述のように、曲を再生したまま歌詞を眺めているだけでは不十分で、曲に合わせて手動で歌詞を追いかける必要があるのです。

歌詞表示の機能は他のストリーミングサービスでも利用できる

今回の機能追加は YouTube Music オリジナル機能ではありません。Spotify や Apple Music を含むほとんどの大手音楽配信サービスに同様の機能が搭載されています。また、Spotify や Apple Music には曲に沿って歌詞が自動的にスクロールされる機能もあるので、YouTube Music はもう一歩。YouTube Music の今後の機能アップデートを楽しみに待ちましょう。

コメント