マーシャルがアレクサ連動のスマートスピーカー Uxbridgeを発表

イギリスの老舗アンプメーカーのマーシャル社が、最新のポータブルスピーカーUxbridgeを発表しました。このモデルは最新機能として、BluetoothやAirplay2、Wi-Fiなどのワイヤレス接続を搭載し、アレクサとの連動も実現しました。また、マーシャル社製ならではのクラシックなデザインを踏襲しつつも、感覚的に操作しやすいボタンも備えています。

生活の一部に溶け込みやすい圧倒的な使いやすさ

このマーシャルUxbridgeは、非常に小型で独創的なスマートスピーカーです。ユーザーはアレクサに接続することで、あらかじめ設定をしたAmazon EchoやAirplay2対応のスピーカーなどを利用することができます。UxbridgeはBluetoothとWi-Fiはもちろん、Spotify Connectも備えており、お気に入りのプレイリストに直接アクセスできます。

特筆すべきは、このモデルには望遠マイクが搭載されており、音楽が流れている環境でもアレクサは簡単に答えてくれます。マーシャルは、周波数範囲が54〜20,000 Hzの「見事にバランスの取れたサウンド」と自信を見せます。このモデルは、30 WのクラスDアンプ、96dB SPL/1m、総重量がわずか1.36kgです。

持ち運びが容易で力強いサウンド

そのコンパクトなサイズにも関わらず、マーシャルはUxbridgeが引き裂くような高音と重低音の効いた「まるで稲妻のようなサウンド」が可能であると主張しています。スピーカー部分は黒と白のカラーオプションが選択でき、どちらもマーシャル社の象徴である「ソルトアンドペッパー」フレットとスクリプトとして表示されるアイコンのロゴが特徴的です。

ユーザーはスピーカーのボタン操作だけで、マイクをオフにする事ができ、プライバシーも簡単に守ることができます。このモデルは4月8日に発売を予定し、アメリカでの価格は199ドル (約2万2千円 3月27日現在) 。イギリスを含むヨーロッパでも発売される予定です。

コメント