Instagram、新型コロナウイルス関連の変更点や新機能の追加をリリース

新型コロナウイルス のようなパンデミックに対処する場合、そこに出される情報の正確さはとても重要です。残念ながら、ソーシャルメディアは正確でない情報が山火事のように広まるための温床になる可能性があることを証明しており、Instagramは本日、それが起こらないようにするためのいくつかの新しい対策を発表しました。同時に、アウトブレイクの発生を待つ間、ユーザーは友人やフォロワーに家にいるように簡単に促すことができます。

Instagramは本日の長いブログ投稿(英文)で、新しい対策を発表しました。その中で最も重要なのが、コロナウイルスに関連する情報を検索すると、世界保健機関や地元の保健省のリソースにそれらを結びつける教育メッセージが表示されるようになったことです。 Instagramによると、この機能は今後数週間で世界中で利用できるように展開される予定です。

さらに、Instagramでは、ユーザーが自分のストーリーに貼り付けて、友達やフォロワーに手を洗ったり、他の人から距離を置いたり、家にいることを思い出させたりできる新しいステッカーを公開しています。ホームステイステッカーの場合、それを使用するフォローされているアカウントが共有ストーリーに追加され、他の人々がどのように社会的距離と自己分離を実践しているかを示すクリップのコレクションを見ることができます。

同社はまた、コミュニティを安全に保つために、新型コロナウイルス関係の投稿と関連アカウントの取り締まりを始めると述べた。それらの投稿が信頼できる医療機関によって作成された場合を除き、アカウントの推奨事項と一部の新型コロナウイルスの投稿を「発見(explore)」から削除するなどの措置を講じています。いつものように、ファクトチェッカーによってfalseと評価された投稿は、「発見(explore)」および関連するハッシュタグページから削除され、偽の治療法または特定の医療用品の広告も削除さ​​れます。

最後に、InstagramはCo-Watchingと呼ばれる新機能をリリースしました。これにより、ユーザーはビデオチャットを通じて他のユーザーとのInstagram投稿を表示できます。また、他の国でも寄付ステッカーを利用できるようにしており、ストーリーに表示されたときにそのステッカーをタップすると、新型コロナウイルスへの取り組みを検討している企業向けの新しいセクションを含む非営利団体を一覧表示するページが表示されます。これらの機能の多くは、今後数日または数週間で公開されます。これらの機能の詳細については、上記のリンクのInstagramのブログ投稿をご覧ください。

コメント