iPhone 9/SE 2に大きめiPhone 9/SE 2 Plusの存在。iOS 14から判明

近々発表されるとみられている待望のiPhone廉価モデル次世代機となるiPhone SE 2、またはiPhone 9(ともに仮称)に、より大きなサイズの「iPhone 9 Plus(仮称)」が加わる可能性がiOS 14のコードから見えてきました。

米メディア9to5macは、iOS 14のコードを分析したところ、AppleがiPhone 9の大型モデルiPhone 9 Plusを開発している証拠を発見したそうです。9to5macによると、iPhone 9 Plusには、iPhone 11やiPhone 11 Proと同じApple A13 Bionicチップが搭載されます。これは、iPhone 6、iPhone7ユーザーで買い替えを考えているけれど、予算を抑えたいと思っているユーザーには、廉価ながらAppleの最新SoCを搭載するパワフルなスマートフォンを手に入れられるという点において朗報となるでしょう。

iPhone SEの次世代機iPhone 2モデルとも「ソリッドステート」のホームボタンが搭載されるとみられています。ソリッドステートホームボタンは、物理的なボタンとは異なり、振動によりボタンを押した反応が返ってくる感圧式ボタンです。可動部分がないため、壊れにくく、防水性も確保しやすくなります。

iPhone 9とiPhone 9 Plusとも、顔認証のFace IDの採用はなく、指紋認証のTouch IDがホームボタンに内蔵されます。Apple Payや、iPhone 6などの一部iPhoneモデルでは非対応のApple Payで素早く運賃を支払うことができるエクスプレスカード機能に対応できます。また、iPhone XR、iPhone XS、そしてiPhone 11に搭載されている、NFCをバックグラウンドでスキャンする機能も搭載されます。これは、iPhone 8、iPhone Xでは利用できない機能です。

サイズに関しては定かではありませんが、iPhone 8と同様の5.5インチとなる可能性が示唆されています。9to5macは、iPhone 9の発表は今春、iOS  13.4リリースと同時、またはリリース後との見込みを示しています。また、3D ToFセンサを搭載したWi-FiとLTE版のiPad Pro 4タイプがリリースされるとも報じています。

コメント