ビル・ゲイツ氏はマイクロソフトの役員会から辞任し、慈善活動に専念

マイクロソフトは先週の金曜日の発表で、共同設立者のビル・ゲイツ氏がビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での慈善活動に集中するために、取締役会から辞任することを決定したことを明らかにしました。これは、2014年2月に会長を辞任して以来、Microsoftでの彼の役割に対する大きな変化と言えるでしょう。

マイクロソフトによると、ゲイツ氏は引き続き、CEOのサティア・ナデア氏や他のエグゼクティブの為にテクノロジーアドバイザーとして務めます。ゲイツ氏が慈善活動に集中するために会社から距離を置いたのはこれが初めてではありません。2008年に初めて財団にもっと焦点を合わせる事にしました。

マイクロソフトの独立取締役会会長ジョン・W・トンプソン氏は、ゲイツ氏と、マイクロソフトの取締役会および株主に代わってマイクロソフトで過ごした時間に「深い感謝」を表明しました。 マイクロソフトCEOのサティア・ナデア氏自身の声明の中で:

長年にわたってビルと協力し、学んだことは非常に特別であり名誉でした。ビルは、ソフトウェアの民主化力に対する信念と、社会の最も差し迫った課題を解決する情熱を持って当社を設立しました。そして、マイクロソフトと世界はそれによりよくなった筈です。取締役会は、ビルのリーダーシップとビジョンの恩恵を受けています。

また、マイクロソフトは、ビルの継続的な技術的情熱とアドバイスを引き続き活用して、製品とサービスを前進させます。ビルの友情に感謝し、彼と一緒に働き続けて、地球上のすべての人と組織がより多くのことを達成できるようにするという使命を実現することを楽しみにしています。

ゲイツ財団は現在、コロナウイルスの流行に焦点を当て、「一生に一度」のパンデミックと呼び、その影響を緩和するために必要な措置を講じるよう社会に促しています。今週の投稿で、財団はMastercardとWellcomeに加わり、新規コロナウイルスによって引き起こされる病気の治療法を見つける努力を促進したことを明らかにしました。

コメント