La MarzoccoのエスプレッソマシンがIoTと融合

ハイエンドのエスプレッソマシンメーカーであるLa Marzocco(ラ・マルゾッコ)が、最新のエスプレッソマシンとIoTを融合させ、最も人気のある2つのモデルをリモートで接続および制御できる新しいアプリを立ち上げました。 La Marzocco Linea Mini(2015年にこのシリーズの中で最も手頃な価格で発表されました)とGS3はそれぞれワイヤレスアップグレードができます。

新しいLa Marzocco HomeアプリはAppleとAndroidの両方のスマホで無料でダウンロードできます。使い方をはじめ、アドバイスやエスプレッソに関する記事を書式やYouTube配信するだけではなく、幸運にもいくつかマシンをご家庭で持っている場合は、複数のLa Marzoccoマシンに接続することもできます。

アプリでエスプレッソを遠隔操作で入れることはできません:豆を挽いたり、ポータフィルタをセットし、ロックする必要があることを考慮しているため。このアプリでは、リモートでマシンのオン/オフを切り替えたり、オン/オフスケジュールをより簡単に作成したりできます。まだベッドにいて、キッチンに行くまでにマシンを温めて準備を整えたい場合に便利です。

ボイラーの温度状態を確認して制御し、抽出前のオン/オフ時間を有効にして設定する機能もあります。 GS3をお持ちの場合は、自動で量の調節をすることもできます。最後に、アプリは現在のマシンの統計情報と合計ショット数を表示します。

Linea MiniやGS3はワイヤレス接続ができると言われるものではありませんでした。が、ラ・マルゾッコは必要なハードウェアを最新の生産に追加してきました。シリアル番号を確認すると、新しい接続ボードが搭載されているかどうかがわかります。GS012984で始まるものはすべて装備されています。

ただし、ボードが搭載されていないマシンを持っている人もすぐにアップグレードできます。ラ・マルゾッコは、他のすべてのLinea MiniおよびGS3所有者向けに改造キットを提供すると述べています。現在、価格と在庫状況は確認されていません。

心に留めておくべきことがあります。たとえば、Linea Miniでは、エスプレッソマシン自体の物理的な温度ダイヤルは引き続き機能します。ただし、アプリで温度を変更すると、ダイヤルの設定が上書きされます。 La Marzoccoのサイトにあるマシンに応じて、ペアリングの手順があります。

Linea Miniは現在4,900ドルで販売されており、GS3はオートモデルで7,100ドルから、マニュアルモデルで7,500ドルから販売されています。

コメント