YouTube Music がアプリUIをアップデート。歌詞の表示や再生時の操作メニューを追加

YouTube Music が、Android 版のアプリで大きなアップデートをリリースしました。アプリ内で歌詞を表示しやすくなり、音楽プレーヤーとしての使いやすさを向上させています。

YouTube Music が音楽再生アプリとしてUIを改善

YouTube Music のUI主なアップデートは以下の通りです。

  • アプリ内での曲と動画再生のシームレスな切替
  • 歌詞の表示(現在は静的な表示に限定)
  • 操作性の改善
    • 再生ページ内でのリピートやシャッフル等
    • アルバム内でのダウンロード、共有、プレイリスト追加等

例えば Apple Music や Amazon Music などの主力プラットフォームでは、再生メニューがアプリ内に常に表示され、いつでもアクセス可能になるよう設計されています。 YouTube Music も例外ではなく、前述の主力プレーヤー達と同様の機能を追加し、操作性の補強を実現したのです。

Google エコシステムにおける YouTube Music の立ち位置

YouTube Music は、Google のエコシステム内において「音楽アプリ」としての立ち位置を明確にするよう取り組んでいます。現在も並行して運営されているGoogle系の配信サービスが複数存在しており、そのなかで存在感を示さないといけません。その最たる例としてGoogle Play ミュージックが挙げられますが、そのサービスが終了し、YouTube Music に統一されるまでにはまだ時間がかかることでしょう。今回のように新しい機能を追加することで、YouTube Music の独り立ちに大きな貢献となるでしょう。また、YouTube Music はライブラリにいくつかの機能アップデートを通じてAndroidアプリのインターフェイスを更新し、特に音楽プレーヤーとしてさらに使い勝手を改善しました。

元々 YouTube Music は、動画ストリーミングサービスから派生したサービスですので、今回のアップデートは少しだけ不思議に映るかもしれません。しかし、YouTubeは、たとえばMV(ミュージックビデオ)を視聴するよりも実際に音楽を再生するのに人々がどれだけ使用しているか把握しており、その知見を元に高機能な音楽ストリーミング体験を提供するに至ったのです。たとえ Google が既に Google Play Music を運営していたとしても変わりません。

YouTube Music のアップデートは Google Play Music からの移行を支える

このような小さなアップデートを積み重ね、YouTube Musicはより使いやすい音楽プレーヤーに生まれ変わっています。しかしながら、YouTube  は最終的に Google Play Music に匹敵し、上回るために、より多くのアップデートを行う必要があります。例えばYouTube Music は、最近になって Google Play Music のみが対応していたアップロード機能の実装に成功しました。新たに追加されたアップロード機能は、YouTube Music が Google Play Music に近づくための大きな一歩でしょう。現在も Google Play Music を愛好するユーザーが多数いるでしょうが、彼らが YouTube Music に移行できるよう、YouTube Music 側のさらなるアップデートを期待しましょう。

コメント