HTCが年内に5G対応スマートフォンをリリースすると発表

先週、新型VRヘッドセットを発表したHTCですが、2020年中に5Gに対応したスマートフォンをリリースする予定があると発表しました。HTCは2018年以降、フラッグシップモデルの発表は行っていません。なお、5G対応モデルの詳細については発表していません。

HTCは5G対応モデルでスマートフォン事業の挽回を図る

HTCのスマートフォン事業と言えば、上手く行っているイメージはなく、2018年に発売されたHTC U12+以降フラッグシップモデルの発表は行われていません。事実上スマートフォン事業から撤退したと考えられているHTCですが、事業の挽回を図るようです。

CEOであるYves Maitre氏は、スマートフォン事業の失敗を認めつつ、事業の挽回を図ることを発表しました。そこで発表されたのは、5Gに対応したスマートフォンを年内にリリースするということです。また、Qualcommと密接に協力し開発を進めて行くことも発表しています。

確かに、今年から5G対応のモデムであるQualcomm Snapdragon 865やSnapdragon 765が標準化することを考えると、5Gでスマートフォン事業の挽回を図る良いタイミングだと言えるでしょう。

さらに、先週発表されたVRヘッドセットVIVE Cosmosはスマートフォンと接続することを想定しています。恐らく、HTCが今後発表する5G対応スマートフォンとの接続を視野に入れているのではないでしょうか。

HTCの新型スマートフォンに注目

今回のHTCの発表は興味深いものがあります。昨今、スマートフォン事業は大手の独壇場になっており、NokiaやBlack Berryなどニッチなメーカーは撤退してしまいました。そんな中でスマートフォン事業の挽回を図るHTCは、何か戦略がありそうです。今後、HTCがどのようなスマートフォンを発表するのか、期待がかかります。

コメント