VW フル電動セダン「ID .Aero」コンセプトを発表、パサートの後継車

フォルクスワーゲン(VW)は、フル電動の新しいコンセプトカー「VW ID.Aero (ID.エアロ)」を発表しました。コンセプトカーが必ずしも具体的なクルマにつながるとは限りませんが、ID.エアロは、ID. Buzz(ID.バズ)に続くVWのEVで、Passat(パサート)に代わる、電気自動車(EV)のコンセプトカーです。

このコンセプトカーの市販モデルは、2023年後半に中国市場で販売される予定です。また、欧州仕様も販売される予定です。VWは、デジタル化、ソフトウェアインテグレーション、電動化の推進などを目指すACCELERATE戦略の一環として、ID.エアロを公開しました。

この新しいコンセプトカーをデザインするにあたり、VWが最も重視したのは、エアロダイナミクスを追求しつつも、スペースを犠牲にすることなく実現することでした。広さだけでなく、このモデルはプレミアムヘッドライト、LEDテールライトクラスター、高光沢ルーフを搭載し、高級車の印象を与えています。コンセプトは全長約4980mmで、ポーラーライトブルーメタリックの塗装が施されています。

フォルクスワーゲンのモジュラー・エレクトリック・ドライブ・マトリックスを採用したID.エアロは、77kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載し、エアロダイナミクスとエンジンメイクの組み合わせにより、航続距離は最大620kmと発表されています。生産間近のこのクルマについて、フォルクスワーゲンの乗用車部門CEOは、「ID.エアロはID.ファミリーの次のメンバーのプレビューとなるコンセプトカーです。ID.エアロはエモーショナルであると同時に極めてエアロダイナミックなデザイン、600kmを超える航続距離、並外れたスペース、そしてプレミアムなインテリアを備えています。」と語りました。ID. エアロは、同社の中国における4番目のフル電動シリーズとなる予定です。また、最終的には北米や欧州でも販売される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。