ヒョンデ 「IONIQ6」のデザインを公開、流線形シルエットを採用

これからのモビリティには電気自動車(EV)が不可欠であり、大手自動車メーカー各社は、EV市場での存在を打ち出すために、いくつかのEVモデルを計画しています。世界最大級の自動車メーカーの一つであるヒョンデも例外ではなく、来るべきEV革命を見据えて準備を進めてきました。2021年にフル電動EVのIONIQシリーズを発表し、2025年までに23台のEVを発売することを約束しています。そしてこの度、ヒョンデはシリーズ第2弾となる「IONIQ 6」のデザインを公開しました。印象的な空力特性を持つエクステリアと豪華なインテリアは、テスラを含むこのセグメントの人気モデルたちに恥じないものとなっています。

IONIQ 6は、ヒュンダイとキアのブランドで今後発売されるすべてのEVのベースとなるE-GMP(Electric Global Modular Platform)プラットフォームを採用しています。キアは、ドライブトレインの航続距離や出力に関する詳細を明らかにしていませんが、IONIQ 5の498kmの航続距離を上回ることが期待できます。

「予言」が現実に

ヒュンダイは、「空力的に彫刻された」デザインにより、より流線型の美しさと0.21という低い空気抵抗係数を実現したとアピールしています。このデザインは、2020年に発表されたヒュンダイの「Prophecy(予言)」コンセプトを彷彿とさせるものです。同社は今回の発売を新時代の幕開けと宣言し、「クリーンでシンプルなライン 」のデザインに取り組んだと語っています。エクステリアは、6つのデュアルトーン・テーマと、64種類のカラーから選択することができるそうです。

ヒョンデが「コクーン(繭)のようなインテリア」と表現するIONIQ 6では、ほとんどの操作系は電子化され、マルチインフォメーションディスプレイと中央のエンターテインメントユニットに配置されているようです。グレードにより、リサイクルPETファブリックとエコプロセスレザーを選択できるほか、カーペットにリサイクルした漁網、ダッシュボードにTPOスキンなど、キャビン内に持続可能な素材が使用されています。また、ドアに使用されている塗料も、再生植物油から作られたものを使用しています。

価格と発売地域は7月に発表

IONIQ 6の車内にはイマーシブアンビエント照明が施され、夜のドライブで良いムードを演出してくれそうです。ヒョンデによるとドライバーと車とのコミュニケーションを容易にする4つのピクセル状LEDがステアリングに搭載されているそうです。テールライトとヘッドライトには、同社の特徴的なパラメトリックピクセルデザインが採用され、700以上の小さな正方形がボディのさまざまな部分に使用されています。

ヒュンダイは、IONIQ 6の発売が特定の市場に限定されると言及していますが、韓国、米国、英国がその中に含まれることは間違いないでしょう。ワールドプレミアは2022年7月で、ヒュンダイはソウル、ロンドン、ニューヨークで3Dビルボードを使ってデザインを紹介する予定です。価格に関する情報はありませんが、IONIQ 6は先代であるIONIQ 5を上回る価格になると予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。