GoogleのPixel 6シリーズが599ドルで手に入るなら

テックに関心がある方には忙しい数日になるでしょう。Appleは新しいM1X(またはM1 Pro/Max)チップを搭載した新しいMacを送り出してくるでしょうし、Samsungも鼻息荒くリリースを準備しているかもしれません。その2者に挟まれるようにして、Googleがじっと主役の座を狙っていました。今回のPixel 6の発表においてはより大きな驚きをもたらすことでしょう。リークによるとわずか599ドル(68,476円 2021年10月18日現在 )で登場すると予想されています。

今回の発表は2021年のGoogleにとって最大のショーになるかもしれません。Pixel 6とその上位機種であるPixel 6 Proに対する関心は確実に高まっており、一体いくらで世に放たれるのかと、話題を呼んでいます。すでにリーク情報が出ている通り、Pixel6の両機種に関してヨーロッパ市場での価格設定が公開されています。当然これらの数字が他の国にそのまま当てはまるわけではありません。例えばPixel 6が799ドル、Pixel 6 Proが1,099ドルであろうと見積もるには、やはり多少の推測と計算が必要です。

米国での販売価格は欧米と同じ水準になるのでしょうか。Target社の棚と在庫システムの情報によれば、少なくとも米国では実際の販売価格はずっと手頃になるかもしれません。非公式な情報によると、128GBのストレージを搭載したPixel 6は、わずか599ドル(68,476円 2021年10月18日現在 )で販売されると予想します。また、同じストレージ構成のPixel 6 Proは、わずか898ドル(102,657円)で販売されるとされています。

これは、M.ブランドン・リーが裏付けたもので、彼はいかに「クレイジー」な値段であるかを指摘しています。Pixel 6に搭載されるすべてのハードウェアを考えれば、iPhone 13やGalaxy S21のような価格になるのが妥当です。実際、そのように予想するのはセオリーに反しないものでした。これまでGoogle Pixelスマホを買ったことがない人にとっても、Pixel 6は特に魅力的に映るオプションになることでしょう。うれしい驚きであることは間違いありません。

注意点があるとすれば、サブスクリプションの費用が計算に入っていない可能性が挙げられます。この価格には、リークされた「Pixel Pass」のサブスクリプションが含まれていない恐れがあり、その場合は50ドル(5,716円)が追加でチャージされる可能性があります。とはいえ、Google「純正」のAndroid体験、4年間のAndroidアップグレード、5年間のセキュリティアップデートを備えたハイエンドスマホに変わりはありません。それに比べてこの値札は、間違いなくお買い得と言えます。大きな人気を博すでしょう。もっとも、世界的な半導体不足の影響で供給が制限されるとなれば、Pixel 6を手に入れるのはさらに難しくなるかもしれません。

コメント