サムスンとグーグルがソフトウェア共同開発 次期スマートウォッチに独自のUI実装

サムスンが2021年に発売する『Galaxy Watch』は、グーグルとサムスンが共同で開発したソフトウェアを搭載した初のスマートウォッチです。サムスン独自の「One UI Watch」と呼ばれるユーザーインターフェースを採用しており、同社は「(サムスンが)グーグルと共同で構築した新しいプラットフォームを搭載するGalaxy Watchで利用できるようになる」としています。

サムスンは今週、「次期Galaxy Watch」が、「新しい統合プラットフォームとOne UI Watch」の両方を実行する最初のデバイスになることを明らかにしました。この新しいデバイスとソフトウェアについては、「今年の夏の後半」に開催されるサムスンのイベントで正式に公開される予定です。

グーグルは、2014年3月にウェアラブルOSをリリースしました。ハードウェアパートナーは開発者会議Google I/O 2021で発表され、LG、モトローラ、サムスンがWear OSを搭載したスマートウォッチを発売する最初のメーカーとなりました。また2014年には、サムスンがウェアラブル版Tizenを搭載した「Samsung Gear 2」を発表しました。

MWC 2021で行われたサムスンのライブストリーミング・イベントの全容。9:17あたりからスマートウォッチが紹介される。

そして2021年、サムスンとグーグルは共同で、サムスン製スマートウォッチにWear OS(今後、名称が変わるかも)を搭載することになりました。他のウェアラブル機器に搭載されているグーグルのソフトウェアとは異なり、サムスン独自の味付けとなっています。

一般的なスマートウォッチのユーザーは、サムスンとグーグルが今回のデバイスのソフトウェア開発で提携したことに気づかないでしょう。このソフトウェアとスマートウォッチの発売は、今後の両社のプロモーション活動を通じて、広く認知されていくことになりそうです。

しかし、ソフトウェアの提携よりも重要なのは、この2つのブランドが持つ力と、ユーザーを惹きつける表立った取り組みです。サムスンは現在、米国におけるAndroidで最大のブランドです。サムスンが自社のスマートウォッチにグーグルのソフトウェアを採用することは、グーグルにとっても大きな利益となります。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント