M1チップ使用の最新iMacを分解すると?

今年の新世代iMacは、まるで巨大なiPad Proのようという点で最もよく記憶されることでしょう。肉眼では見えない部分にも変化があり、新しいApple M1チップが全体を動かしているだけではありません。新しいコンピューティング・アーキテクチャーによる変更は数多くありますが、内部にはさらに多くの発見があります。アメリカの電子機器修理企業であるiFixitのエキスパートたちが、パープルの24インチApple M1 iMacの秘密を、文字通り解明する旅に出ましたので紹介いたします。

分解は容易でも内部には謎が多い

まるでiPad Proのような見た目にもかかわらず、分解作業は順調に進みました。iFixitは、いくつかのプラスチック製のスクリューポストに遭遇しましたが、あまりデリケートに扱う必要のあるものではありませんでした。また、前面は一枚のガラスでできており、内部部品へのアクセスを妨げる金属製の突起物がないため、分解が容易であることも朗報です。

しかし、バックカバーを外すと驚きの連続です。Appleロゴの下には相変わらずRFアンテナが隠されていますが、それはAppleロゴの形をしたものではなく、内側にある長方形の金属板で覆われています。また、iMacの両側には2つの大きな金属板がありますが、iFixitはこれらが何のためのものなのか分かりません。同様に謎なのが、中央にある2つのCMOSバッテリーのような丸いもので、これもやはりすぐには用途がわかりません。

公式以外での修理は難しいかも?

これまでのiMacとは異なり、M1 iMacではほとんどの部品が上下の端に集中しています。また、新しいM1チップのおかげで、そのロジックボードは以前よりもさらに小さくなり、iFixitによると、M1 MacBook Airと同じくらいの大きさになっているそうです。違いのひとつは、性能を最大限に引き出すために、実際にアクティブな冷却を行うファンがあることです。

iFixitはまだその広範な分解を終えていませんが、すでに確実なことが一つあります。Apple M1では、CPU、GPU、メモリ、ストレージのすべてがロジックボード上にはんだ付けされています。このため、サードパーティの技術者がこれらの部品をアップグレードしたり交換したりすることはほとんど不可能であり、おそらくAppleもそれを望んでいるはずです。

コメント