Apple Watch7のリーク!気になるカラーバリエーションは?

リークにより、次期Apple Watch、通称「Apple Watch 7」の外観が明らかになりました。この最新のウォッチシリーズは、製品の誕生以来、最も大きな工業デザインの変化を象徴するデザインとなっています。新しいApple Watchは、ハードウェアの端までディスプレイが迫り、丸みを帯びた角と文字盤を備えているように見えます。

メーカー宛の回路図をもとにした画像

この画像は、Jon ProsserとRendersByIanが提供するもので、ハードウェアのリリース前にケースメーカーに送られた回路図をもとにした画像である可能性が高いと考えられています。ハンドルネームに「レンダーズ」という言葉が含まれている人物が関わっていることからもわかるように、これらは間違いなくサードパーティのレンダリング画像です。

このバージョンのApple Watchは、最新のiPadやiPhoneのデザインを参考にしているようです。つまり、エッジがややフラットになり、バンドへの移行がやや緩やかになっています。

Apple Watchの文字盤は、メタルケースのエッジや背面と同じ色になるようです。赤色のアクセントは、文字盤に赤色を取り入れた当初よりもやや控えめになっており、クラウンやキャップではなくリングになっています。赤いリングの内側はダークグレーになっており、これはケースカラーに関わらず、Apple Watch 7のケースを想定したもののようです。

iMacに引き続く多様なカラーバリエーション?

このデザインは、引き続き時計のラグを避け、豊富な色と素材を持つApple独自の時計用ストラップを取り入れています。

Apple Watch 7の想定されているカラーを見ると、iMac M1のカラーバリエーションに続いて、Apple Watchのデバイスも同じようなカラーバリエーションを用意しているのではないかと考えられ、興味津々でしょう。

もしこれが本当なら、iPhone 13にはオレンジとピンクが登場する可能性があると考えていいでしょう。ローズゴールドではない、ピンク色のiPhoneの登場を待ち望んでいます!

コメント