iPad miniはいつ発売?折りたたみ式iPhoneの登場は?アナリストが大胆に予想

先月開催されたAppleのビッグイベントでは、iPad miniが目立って登場しませんでした。Apple M1シリコンを搭載したiPad Proを中心に、よりパワフルな製品に焦点を当てていたためです。だからといって、年初から噂になっていたiPad miniが登場しないというわけではありません。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、iPad miniの登場は今年の後半に延期されたとのことです。

手頃な価格のiPadが登場すると予想

AppleがiPad miniシリーズを頻繁にアップグレードしていないことを考えると、2021年にiPad miniの新モデルが登場しない可能性は十分にありました。一時は、iPhone Proの画面サイズが大きくなり、iPad miniがほとんど不要になったことから、AppleがついにiPad miniを引退させるのではないかという噂もありました。しかし、Appleの最小タブレットのファンにとって幸いなことに、今年はそのようなことはないかもしれません。

Kuo氏は、新しいiPad miniの登場は今年の下半期、おそらく秋になるだろうと述べています。Appleの4月のイベントとは対照的に、そのデビューは、Apple製品の中でもより手頃な価格のラインナップに焦点を当てるかもしれません。最も安価なiPadも今年中に刷新されると予想されており、iPad miniと一緒に登場するかもしれません。

iPad miniのアップグレードに関するうわさは、これまで一貫して画面サイズの変更に焦点が当てられています。2021年のiPad miniは、タブレットの物理的なサイズはそのままに、ベゼルを縮小することで7.9インチから8.4インチに変更されると予想されています。また、Touch IDセンサーは、電源ボタンの下から横に移動すると予想されています。

折りたたみiPhoneは2023年と予想

Kuo氏の投資家向けメモには、折りたたみ式iPhoneについても触れられていますが、今年はまだ登場しないようです2023年に同デバイスを発売し、1,500万台から2,000万台の出荷を見込んでいると予想されています。Kuo氏は8インチのディスプレイを搭載すると主張していますが、そのデザインについてはあまり触れていません。

コメント