Apple MusicはSpotifyに対抗してHi-Fiをサポートか

Appleは、Hi-Fiをサポートした新たなApple Musicのオプションの発表を計画しているかもしれません。その目的にはSpotifyやDeezerのHi-Fiオーディオオプションのような競合サービスに対抗する意図が考えられます。一方でオーディオファンには高価なiPhoneというハードウェアに合わせてより高品質なストリーミングオプションを提供するつもりでしょう。今回のいくつかのリーク情報は、その可能性を裏付けるものです。特に競合サービスでは提供されていない、魅力的な特典を示唆しています。

Apple MusicのHiFi対応に関するリーク

最近になってApple Musicに関するリーク情報が出てきましたが、大人しく静観できるものではありませんでした「Hits Daily Double」の記事によると、Appleは次世代のAirPodsと一緒に新しいApple Music Hi-Fiプランを近日中に発表するとのことです。リークによると、この新しいHi-Fiオプションは既存のサービスと同じ9.99ドル(日本市場では980円)の価格で提供されるとされています。

9to5Macによると、iOS 14.6 beta 1のビルドに、将来のApple Musicのハイファイオーディオサポートを示唆しているようです。興味深い発見です。 このコードは、その後のビルドには見られないもので、Dolby AudioやDolby Atmosのほか、「ロスレス」という言葉も含まれているとされています。仮にこれが今後の大きな変更点を偶然にも明らかにしたものだとしましょう。そうなればApple Musicがドルビー製品を初めてサポートすることになります。

具体的な金額や公式リリース時期はまだ不明

HiFiによる「ロスレス」オーディオのオプションにはどのようなものが含まれるのでしょうか。例えばハイエンドのヘッドフォンを持っているApple Musicユーザーであれば、非可逆圧縮をしないオーディオをストリーミング配信を楽しめます。すなわち、楽曲体験を最大限に高められる機会を享受できるのです。

Appleがこの新しいオプションを数週間後に実際に発売するかどうかは明らかになっていません。そして、現行と同じ価格で発売するかどうかは期待が膨らむばかりです。続報が待たれます。

コメント