4月20日開催決定!AppleイベントをユニークにもSiriが先にお知らせ

Siriは黙っているのがあまり得意ではないようです。AppleのAIアシスタントが新しいハードウェアの発表が期待されるイベントの開催日と場所をリークしていました。Siriは、「次のAppleイベントはいつですか?」という質問に対して、4月20日(日本時間4月21日)にカリフォルニア州クパチーノのApple Parkで開催されると回答しています。そのイベントで具体的に何が発表されるかは不明ですが、様々な憶測が飛び交っています。

ストリーミング配信となる可能性

憶測によると、AppleはiPad Proの新モデルや、AirTagトラッカーを発表する可能性があると言われています。COVID-19(新型コロナウィルス)の予防措置により、大規模な集会ができないため、このイベントは事前に録画され、メディアは参加しないものと思われます。おそらくAppleのウェブサイトやYouTubeチャンネルでストリーミング配信されることになるでしょう。

報告によると、iPhone、iPad、Mac、HomePodスピーカーなど、Appleデバイスで複数の人がこの情報にアクセスしているとのことです。通常、デジタル招待状はAppleがイベントを開催する前の週に送付されますので、Twitter等のSNSでも開催が話題となっています。

どんな製品が発表となるか

これまでの噂では、ミニLEDディスプレイを搭載した新しい大型の12.9インチiPad Proが、今月中旬までに発売されると言われています。先月、Appleは初代スマートスピーカー「HomePod」の販売を終了しました。このデバイスは、99ドル(約10,785円 2021年4月14日現在)の価格のHomePod miniに置き換えられました。


99ドルという価格は、299ドル(約32,570円)に値下げされる前の初代HomePodの439ドル(約52,180円)よりも大幅に安価です。この大幅な値下げでも、Appleのスマートスピーカーは、AmazonやGoogleの競合製品よりも高価です。

コメント