スマートグラスの小型化を実現する「Light Drive」発表

眼鏡型のウェアラブルデバイスであるスマートグラス。その存在は広く認知されるようになってきましたが、

  • 大きくてつけにくそう
  • まだまだ実用性がないのでは

といったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、今回のボッシュの発表により、そのイメージが覆るかもしれません。

Light Drive とは?

ボッシュが今回発表したスマートグラス向けのモジュール(ある機能を持つひとまとまりの部品のこと)であるLight Driveは競合のものと比べて、30%ほど小さくなっているようです。

  • 長さ 45mm~75mm
  • 高さ 5mm~10mm
  • 幅  8mm
  • 重さ 10g以下

数字だけを見てもイメージしにくいかもしれませんが、これは一般的なメガネのフレームに簡単に組み込めるサイズなのです。

内部にはMEMS(Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)スキャナーが搭載されていて、これによってユーザーの網膜にグラフィックを投影します。そのため、明るい場所でもはっきりと情報が見えます。

利用シーンは?

このデバイスはスマートフォンなどに接続し、そこからのデータをリモートディスプレイとして表示するものになっています。ボッシュの提示している利用シーンとして、

  • ナビゲーションや電話の通知
  • メッセージやToDoリストの表示

などが挙げられます。

まとめ

新型の「Light Drive」は2020年1月に開催されるテック系イベントCES2020一般公開される予定です。GoogleAppleなどの大手もスマートグラスの分野に進出していることを踏まえると、より小さく、より身につけやすい実用的な製品がユーザーの手元(目元?)に届く日も近いかもしれません。

コメント